永久ライセンスに加えて、Retrospect Backupはサブスクリプションとして利用できます。 1台のラップトップから、Retrospect Backupエンジンごとに数十台のサーバーと数百台のエンドポイントまで、環境内のすべてのコンピューターを保護するために、手頃な月額または年額のサブスクリプションを購入します。 Retrospect Backupサブスクリプションは、ビジネスニーズに合わせて拡張できます。

  • Subscription low recurring cost square

    低繰り返しコスト

    お客様は、低い初期費用で環境の保護を開始し、必要な場合にのみ使用できます。

  • Subscription data ownership square

    データ所有権

    Retrospect Backupは、顧客がデータを所有することを保証します。多様な宛先がサポートされているため、顧客はディスク、テープ、および20を超えるクラウドストレージプロバイダーのデータを保護できます。ある宛先から別の宛先へのバックアップの移行は、転送スクリプトを作成するのと同じくらい簡単です。

  • Subscription restore supported square

    常にサポートされる復元

    Retrospect Backupは常に復元をサポートしています。顧客がサブスクリプションをキャンセルすることを選択した場合、バックアップと複製は機能しなくなりますが、顧客は過去のバックアップを復元するためにRetrospectを引き続き使用できます。

一般的な使用例

企業がRetrospect Backupサブスクリプションに選択する一般的なユースケースをいくつか見てみましょう。どの場合でも、Retrospect BackupはWindows、Mac、またはLinuxシステムを保護できます。

ホームオフィス - 月額1,000.00円から

6台のコンピューターがあるホームオフィスでは、Retrospect Backup Desktopをサブスクリプションとして使用して、すべてのコンピューターを保護できます。

小さい歯科医院 - 月額4,000円から

1台のサーバーと20台のコンピューターを備えた小規模な歯科医院では、Retrospect Backup Single Server 20を使用してすべてのコンピューターを保護できます。

中規模デザイン会社 - 月額18,000円から

5つのサーバーと100のエンドポイントを持つ中規模の設計会社は、Retrospect Backup Multi Serverを使用してすべてのコンピューターを保護できます。

大法律事務所 - 月額72,000円から

30のサーバーと500のエンドポイントを持つ法律事務所は、Retrospect Backup Multi Serverの4つのインスタンスを使用して、すべてのコンピューターを保護できます。

すべての環境に対応するデータ保護。

パーソナル

ビジネス