RetrospectBackupのクラウドデータ保護でクラウド資産を保護する方法

クラウドストレージは、低コストでスケーラブルな遠隔地ストレージの場を大量の企業アセットに提供している。企業は、ウェブサイトのアセットから手頃な取得可能データの共有に至るまで、あらゆる種類のデータの保存にクラウドストレージを利用しており、そしてそれらの機密データは自社運用のストレージと全く同様に保護される必要がある。

事故、ハードウェア障害、盗難、ランサムウェアや災害と、データを失いかねない理由は数多く存在します。クラウドストレージプロバイダは、マルチゾーンサポートによってインフラストラクチャへ冗長性を組み込み、ハードウェア障害からあなたのデータを保護しています。ですがそれは誤削除や、更にひどい悪意ある攻撃を防ぐことはできません。社内でもクラウド上でも、どこに保存されているかに関わらず、重要なデータを保護する必要があります。

Retrospect Backup 18のクラウドデータ・プロテクションを利用すると、自社運用システムやストレージに適用されているのと同じ方針を主導とするワークフローを用いて、クラウドストレージのバックアップや復元を行うことが可能である。Retrospectは、永久増分バックアップテクノロジーを利用しており、特定時点への復元をそのまま提供しながら、各々のバックアップを確実に可能な限りコンパクトにしている。

Retrospect Backup のサーバーレベルのエディションには、クラウドボリューム数に制限の無いクラウドデータ保護が含まれます。

ステップバイステップガイド

RetrospectBackupでクラウド資産の保護を始めましょう。


Retrospectの新着情報 – Retrospect Backup 18 + Retrospect Virtual 2021  
新機能

すべての環境に対応するデータ保護。

パーソナル

ビジネス