Retrospectバックアップの目的は、最小限のストレージのみを利用つつ、環境全体を迅速かつ安全に保護することにあります。コアエンジンに独自のファイルベース永久増分バックアップ技術を使用することで、個々のファイルやフォルダだけでなく、システム全体の保護も可能にしています。永久増分バックアップ技術と重複排除により、前回のバックアップ以降に行われた、必要最低限のファイルやシステムの変更点のみをバックアップすることができ、バックアップにかかる時間とストレージコストを最小限に抑えます。

Retrospectバックアップは、増分バックアップごとに完全なポイントインタイム・スナップショットを作成し、増分バックアップのみでフル復元やターゲット復元を実現しています。ユーザーは、冗長なメディアコピーのために増分バックアップを転送したり、メディアローテーション簡素化のために単一の合成フルバックアップに統合したり、パイプラインやストレージのニーズを抑えるために最も重要なデータだけをフィルタリングしたりすることができます。

復元時には、任意の増分バックアップスナップショットを選択するだけで合成フル復元が可能となり、100%正確なポイントインタイムでファイルセットもしくはシステム全体を復元することができます。また、対象となるファイルのあらゆるバージョン、もしくはあらゆる増分バックアップ中のファイルセットを一度に選択することができます。Retrospectは、ベアメタルリカバリ(BMR)とも呼ばれる深刻な障害発生時のフルシステムリカバリをサポートしています。

Retrospectバックアップは、ファイルベースのバックアップ、システム状態のスナップショット、永久増分バックアップを組み合わせることで、個々のファイルや大きなフォルダ、システム全体の迅速な復元を実現しており、他のバックアップソリューションとは一線を画しています。

ステップバイステップガイド


Retrospectの新着情報 – Retrospect Backup 18 + Retrospect Virtual 2021  
新機能

すべての環境に対応するデータ保護。

パーソナル

ビジネス