Retrospect、Inc.、Retrospect Backup 16とRetrospect管理コンソールをリモート管理に利用可能にすることを発表

最新のプラットフォームをサポートするRetrospect Virtual 2019もあります。

カリフォルニア州ウォルナットクリーク - 2019年3月5日 - 受賞歴のあるRetrospect Backup&RecoveryソフトウェアのメーカーであるRetrospect®、Inc.は本日、Retrospect Backupのリリースにより、中小企業およびマネージドサービスプロバイダ向けのバックアップ環境用の新しいリモート管理機能を発表しました16とRetrospect管理コンソール。新しいRetrospect管理コンソールを使用すると、IT管理者とMSPはデスクトップまたはモバイルデバイスのいずれかで、1枚のガラスから何百ものインストールを監視および管理できます。

Retrospect Backup 16

中小企業はコンピューティングインフラストラクチャに依存していますが、大企業のITスタッフのリソースが不足しています。機能するだけでどこからでもアクセスできるバックアップソフトウェアが必要です。また、信頼できる管理サービスプロバイダーにも同じ機能が必要です。

Retrospect Backup 16は、中小企業がより優れたツールでバックアップ環境を監視および管理できるようにすることに重点を置いています。

  • Retrospect 管理コンソール – 弊社がホストする新しいサービスでは、パソコンからでも携帯電話からでも、Retrospect のインフラ全体を一つの画面で監視・管理することができます。
  • ストレージグループ – Retrospect が同時実行できる、最高 16 倍の速さの、1箇所に集約したバックアップ環境全体を保護することが可能です。ストレージグループ機能によって、同じディスクやクラウドの保存先への並行バックアップを実現しました。
  • ディプロイ・ツール(実装・展開ツール) – マネージド・サービス・プロバイダ(MSP)や IT 管理者に、より便利なツールお届けします。内蔵型自動更新機能やサードパーティとのワークフロー統合機能により、Retrospect クライアントのディプロイと更新を自動的に行うことができます。

Retrospect Backup 16を使用すると、中小企業には、Windows、Mac、およびLinuxにまたがるサーバーからエンドポイントまで、環境全体を保護するための強力なツールセットがあります。

Retrospect 管理コンソール

Retrospect 管理コンソールを利用することで、バックアップの監視・管理を一つの画面で、どこからでも行うことが可能です。 これは、転送中および保存中の暗号化を備えたホスティングサービスであり、企業やパートナーがバックアップ環境を安全に監視および管理できるようにします。

  • 包括的な監視機能 – 実行中の処理や予想ストレージ使用量など、バックアップの内容をリアルタイムで表示できます。
  • 分散管理 – 新しいバックアップ設定は、Retrospect エンジンごとに展開することも、特定のサブセットに対して展開することも可能です。
  • 場所を問わないアクセス – バックアップ・インフラ全体を監視することも、クライアントベースを監視することも可能です。監視するためのパソコンやモバイルデバイス、機種は問いません。

Retrospect 管理コンソールは、基本的な監視機能を無料で使用することができます。有料版では、さらに包括的な監視・管理が可能です。

ワールドワイドセールス担当バイスプレジデントのJean-Christian Dumasは、次のように述べています。 。 「さらに、Retrospect管理コンソールを使用すると、パートナーネットワークで同じインターフェイスからクライアント全体を簡単に監視できます」

Retrospect Virtual 2019

Retrospect Virtual 2019を使用すると、最新のプラットフォーム(Office 365、VMware vCenter / ESXi 6.7、Hyper-V 2019、Windows Server 2019、およびExchange 2019)をサポートしながら、vSphere(無償ESXi)を含む単一のコンソールからVMwareおよびHyper-V環境を保護できます。

可用性

WindowsとMac用のRetrospect 16はすぐに入手可能です。これらのバージョンは、現在有効な年間サポートおよびメンテナンス契約を結んでいるお客様向けの無料アップデートであり、優先ダウンロード代理店またはretrospect.comから電子ダウンロードとしてすぐに購入できます。 Retrospectは、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、イタリア語、日本語の6つの言語で利用できます。

Retrospectの価格は、1台の非サーバコンピュータを保護するRetrospect Soloの49ドルから、帯域幅とストレージ容量が許す限り多くのMac、Windows、およびLinuxサーバおよびPCを保護するRetrospect Multi Server Premiumの4,299ドルまでの範囲です。アップグレードの範囲は29ドルから2,699ドルです。 (上記の価格はすべてMSRPです(USD))。教育、政府機関、および非営利団体向けの特別価格があります。新製品およびアップグレード製品の価格設定の一覧については、retrospect.comをご覧ください。

Retrospect について

Retrospect バックアックツールは、おもに、中小企業であっても Windows, Mac, Linux が混在しており、またさまざまなサービスプラットフォームが稼働しているお客様に最適なデータバックアップ保護ソリューションです。ローカルはもちろん、オフサイトバックアップも可能ですし、細かな品ポイントの修復にも適しています。また、昨今企業ニーズが高まっている iOS デバイスにも対応しています。(iOS アプリもリリースされています)およそ 20 年におよぶ様々な現場テストを世界各地で 100 万を超えるユーザ様と歩んできました。その揺るぎない自信と絶え間ない努力が惜しみなく投入された最新バージョンに、どうぞご期待ください。

Retrospect, Inc. について

Retrospect, Inc. は、正確で信頼性の高いリストア、そして最高レベルの顧客サポートを求める専門家や中小企業のニーズを満たす事を目的とした、クロスプラットフォームバックアップおよびリカバリソフトウェアを開発している。詳しくは、retrospect.com を参照。

Retrospect は Retrospect, Inc. の登録商標。その他全ての商標は、それぞれの登録者の所有物である。

 

会社連絡先

pr@retrospect.com