優れたバックアップ戦略はいずれも、データのコピーを3つ、2種類のメディアに分けて、1つはオフサイトに保管する、という3-2-1バックアップのルールを採用しています。Retrospect Backupなら、この作業が簡単になります。何かアクシデントが起こった際に「復元」をクリックするだけです。

  • Complete data protection failure square

    3枚

    少なくとも3つのデータのコピーが必要です。

  • Media types square

    2メディアタイプ

    少なくとも2つの異なるメディアタイプのバックアップが必要です。

  • Globe square

    1オフサイトの場所

    オフサイトの場所に少なくとも1つのバックアップが必要です。

共通のワークフロー

Retrospect Backupを使用すると、3-2-1バックアップルールを簡単に実装できます。どのシナリオでも、最善の方法は、ローカルの宛先とオフサイトの宛先へのバックアップ転送スクリプトを含むバックアップスクリプトです。転送スクリプトを使用してバックアップを第2の場所にコピーすると、元のソースを使用する必要はなく、オフラインで操作を実行できます。 3-2-1のバックアップルールを超えると、追加のデータ保険が提供されます。さらに冗長性を持たせるために、2番目のクラウドストレージの場所(3-2-2戦略)またはNAS、テープ、クラウド(3-3-2)を利用することもできます。

3-2-1のワークフローをいくつか歩いてみましょう。

ディスクとクラウド

ローカルディスクとクラウドストレージの場所を組み合わせることは、中小企業のバックアップ戦略の共通パターンです。ローカルディスク上の利用可能なバックアップは、ローカルネットワークがはるかに高い帯域幅を許容するので、非常に速い復旧時間に変換されます。クラウドストレージの場所にあるリモートバックアップは、ビジネスデータを災害やマルウェアなどの問題から保護します。

NASとクラウド

NASデバイスは、バックアップのための手頃な価格のオンサイト保管場所です。オンサイトNASを活用することで、大規模な専用ストレージプールとバックアップ用の高い帯域幅が保証されます。これらのバックアップをオフラインプロセスとしてクラウドに転送すると、元のソースに複数回触れることを避けることができます。

ディスクとテープ

ディスクは最も一般的なストレージメディアのままであり、テープは速度とストレージ容量の進歩を続けています。ローカルディスクを使用すると、環境をすばやくバックアップし、バックアップを迅速に復元できるようにすることができます。オフサイトストレージにテープライブラリを使用すると、クラウドとは物理的にアクセスできる安全な場所(セキュリティデポジットボックスやサードパーティのストレージロッカーなど)にバックアップを保存できます。

新機能Retrospectの新着情報 – Eメール保護、BackupBot AI、リモートバックアップなど豊富な新機能搭載のRetrospect 15

すべての環境に対応するデータ保護。

パーソナル

ビジネス