Cloud Backup - How to Set Up MCT for Cloud Backup

Cloud Backup


Mct

MCT Cloud Storage provides a low-cost, scalable cloud storage location for secure off-site data protection. Retrospect 15.6 for Windows and Mac are certified for MCT. Follow these step-by-step instructions for configuring Retrospect to integrate with MCT.


Account Setup

Contact MCT for product information and setup instructions. You will receive an access key and a secret key as part of the account setup.


Information for Retrospect

Retrospect needs four pieces of information to access MCT:

  • Pathurl_for_mct:443/your_bucket_name

  • Access Key – Use the Access Key provided by your MCT instance.

  • Secret Key – Use the Secret Key provided by your MCT instance.

  • Region – Use the Region provided by your MCT instance.


Adding Cloud Storage in Retrospect

クラウドストレージを宛先として追加する方法はシンプルです。Retrospect には「クラウド」と呼ばれる新しいセットタイプがあります。新規のバックアップセット/メディアセットを作成して、タイプに「クラウド」を選択してください。

Windows インターフェイス

Cloud backup selection win

Mac インターフェイス

Cloud backup selection mac

Next you’ll need to enter your cloud storage credentials.

Windows インターフェイス

S3 set creation win

Mac インターフェイス

Cloud backup settings mac


Using Cloud Storage in Retrospect

クラウドストレージの使用方法はシンプルです。クラウドセットを作成した後、新規スクリプトを作成するかそのクラウドセットを既存のスクリプトに追加して、「実行」をクリックしてください。バックアップが開始し、そのセットの内容が自分のクラウドストレージの場所にアップロードされます。実行/アクティビティの進行状況を追跡することができます。

Windows インターフェイス

Cloud backup log win

Mac インターフェイス

Cloud backup log mac


Throttling Cloud Backups in Retrospect

環境設定で、クラウドバックアップおよびクラウド復元のための帯域幅調整が可能です。

Windows インターフェイス

Cloud backup preferences win

Mac インターフェイス

Cloud backup preferences mac


General Tips

Below are a number of tips for using cloud storage in Retrospect:


Last Update: 2018年12月11日