Cloud Backup - How to Set Up Dunkel Cloud Storage for Cloud Backup

Cloud Backup


Dunkel

Dunkel Cloud Storage is a cost-effective Germany-based cloud storage service for secure off-site data protection. Retrospect 11 for Windows and Retrospect 13 for Mac are certified for Dunkel Cloud Storage. Follow these step-by-step instructions for setting up a Dunkel Cloud Storage account, configuring a storage location (called a "bucket"), and creating a set of security credentials (an Access Key and a Secret Key, similar to a username and password).

特別割引 – 12ヶ月分前払いの1TBおよび5TBコースについて、40%割引。またシーディングは€80です。Dunkel Cloud Storage for Retrospectをご覧ください。


Step-by-step Guide


Account Setup

  1. Visit Dunkel Cloud Storage for Retrospect to contact Dunkel.

    Dunkel account

  2. Dunkel will reach out to you shortly to set up an account.


Storage Setup

Now we will create a bucket that Retrospect can use to store backups. This can be done with any compatible software. This tutorial uses Cyberduck, an excellent and free cloud storage browser, available for Windows and Mac.

  1. Download, install, and launch Cyberduck.

    1 cyberduck

  2. Click 'Open Connection' and select 'S3 (Amazon Simple Storage Service)'. Enter in 'dcs.dunkel.de' as the server, your supplied Access Key as the username, and your supplied Secret Key as the password.

    2 cyberduck connection

  3. Click 'Action' and select 'New Folder'. Type in a name for it. This will be the name of your bucket for Retrospect to use.

    3 cyberduck bucket


Information for Retrospect

Retrospect needs three pieces of information to access Dunkel Cloud Storage:

  • Pathdcs.dunkel.de/bucket

  • Access Key – Use the Access Key from above.

  • Secret Key – Use the Secret Key from above.


クラウドストレージの追加

クラウドストレージを宛先として追加する方法はシンプルです。Retrospect には「クラウド」と呼ばれる新しいセットタイプがあります。新規のバックアップセット/メディアセットを作成して、タイプに「クラウド」を選択してください。

Windows インターフェイス

Cloud backup selection win

Mac インターフェイス

Cloud backup selection mac

Next you'll need to enter your cloud storage credentials.

クラウドストレージのプロバイダによって提供するオプションが異なります。Retrospect では、お客様は SSL 暗号化(HTTP または HTTPS)の有効化・無効化や、クラウドメンバー 1 人につき 8TB までの最大ストレージ容量の設定を行うことが可能です。クラウドバックアップがこれを使い果たすと、クラウドバックアップセットあたり最大100TBの、新しい8TBメンバーを作成する許可を要求します。

Windows インターフェイス

Cloud backup settings win

Mac インターフェイス

Cloud backup settings mac


クラウドストレージの使用

クラウドストレージの使用方法はシンプルです。クラウドセットを作成した後、新規スクリプトを作成するかそのクラウドセットを既存のスクリプトに追加して、「実行」をクリックしてください。バックアップが開始し、そのセットの内容が自分のクラウドストレージの場所にアップロードされます。実行/アクティビティの進行状況を追跡することができます。

Windows インターフェイス

Cloud backup log win

Mac インターフェイス

Cloud backup log mac


クラウドの帯域幅調整

環境設定で、クラウドバックアップおよびクラウド復元のための帯域幅調整が可能です。

Windows インターフェイス

Cloud backup preferences win

Mac インターフェイス

Cloud backup preferences mac


クラウドバックアップのヒント

  • 帯域幅計測ツール – この無料ツールでアップロードとダウンロードの帯域を計測しましょう: Speedtest.net

  • バックアップの検証を無効化する – 検証を行うと、アップロードした全てのデータをもう一度ダウンロードします。クラウドバックアップではなぜこの機能を無効化した方が良いのか、詳細はクラウドバックアップ - クラウドストレージによるデータ保護のベストプラクティスでご確認ください。

  • Dunkel Cloud Storage - アップロード帯域幅計測完了 – 20 Mbps

  • Dunkel Cloud Storage - ダウンロード帯域幅計測完了 – 110 Mbps


Last Update: 2016年04月16日