Retrospect Backup 15.6は、Apple macOS Mojave(10.14)をサポートしています。 macos Mojaveは、データのプライバシーを管理するための新しいセキュリティ機能を導入しました。この追加の保護により、どのアプリケーションがデータにアクセスできるかを正確に知ることができますが、お客様がRetrospectがシステム全体にアクセスできるようにするための追加の手順が必要です。

ステップバイステップガイドに従ってください。


Sierraおよび古いバージョンを実行しているフラッシュストレージを使用しているお客様の場合、MojaveはストレージをHFS +からAPFSに自動的に移行します。ハードディスクドライブ(HDD)とFusionドライブを使用するお客様は、システムは移行されません。詳細については、Appleの%{link}を参照してください。

Mojaveにアップグレードする場合は、Retrospectの最新バージョンにアップグレードして完全なデータ保護を確保する必要があります。

アップグレードへ

バージョンの互換性を参照してください

 

Mojave互換性ガイド

Retrospectは、「システム環境設定」 >「セキュリティ&プライバシー」 >「プライバシー」 >「アプリケーションデータ」にリストされている必要があります。これは、ローカルのRetrospectエンジンとリモートのRetrospect Clientアプリケーションの両方に適用されます。

開始する前に、Retrospect Backupの最新バージョンをダウンロードしていることを確認してください。ダウンロード

Engine

  1. あなたの画面の左上にあるAppleの下の「システム環境設定」を開きます。
  2. 「セキュリティ&プライバシー」、「プライバシー」をクリックします。 「フルディスクアクセス」が表示されます。
  3. ロックをクリックして認証し、変更を加えます。
  4. ここで、このリストにドラッグするRetrospectアプリケーションを見つける必要があります。 「Finder」に移動します。メニューバーから「Go」を選択し、「Go to Folder ...」を選択します。入る:
    /Library/Application Support/Retrospect
  5. RetrospectEngineおよびRetrospectInstantScanアプリケーションを下にスクロールし、それらを「フルディスクアクセス」リストにドラッグします。 「システム環境設定」を閉じます。
Mojave full disk access engine

Client

  1. あなたの画面の左上にあるAppleの下の「システム環境設定」を開きます。
  2. 「セキュリティ&プライバシー」、「プライバシー」をクリックします。 「フルディスクアクセス」が表示されます。
  3. ロックをクリックして認証し、変更を加えます。
  4. ここで、このリストにドラッグするRetrospectアプリケーションを見つける必要があります。 「Finder」に移動します。メニューバーから「Go」を選択し、「Go to Folder ...」を選択します。入る:
    /Library/PreferencePanes
    /Library/Application Support/Retrospect
  5. Retrospect Clientアプリケーション(最初のフォルダから)とRetrospectInstantScanアプリケーション(2番目のフォルダから)をスクロールし、それらを「フルディスクアクセス」リストにドラッグします。 「システム環境設定」を閉じます。
Mojave full disk access client

詳細な技術情報とトラブルシューティングの手順については、ナレッジベースの記事を参照してください。

Windows 10 互換性ガイド >

バージョンの互換性

Mac用Retrospect 15.5/15.6および16との互換性

Mac用のRetrospect 15.5/16および16は、MojaveおよびAPFSの認定を受けています。 APFSは有効なボリュームタイプとして認識され、Retrospectはデータのバックアップ、復元、コピーを実行できます。 Retrospectは、同じディレクトリ内のファイルで大文字と小文字を区別しない限り、HFS +ボリュームをAPFSボリュームに復元し、APFSボリュームをHFS +ボリュームに復元することができます。 HFS +はデフォルトで大文字小文字を区別しませんが、APFSではデフォルトで大文字と小文字が区別されます。大文字と小文字を区別する復元の問題を回避するには、「新しいフォルダにコピーする」モードを使用します。 Mojaveの互換性の手順に従って、エンジンとクライアントはMojaveでアプリケーションデータをバックアップできます。

あらゆるシステムの更新と同様、問題に直面して元に戻すことを必要とする場合に備えて、ぜひアップグレードの前後にバックアップを取るようお勧めします。Mac用RetrospectとWindows用Retrospectの旧バージョンへのサポートは限られています。

Mac用Retrospect 14.6,15および15.1との互換性

Mac用Retrospect 14.5/15は APFSに認定されています。APFSは有効なボリュームタイプと認識されるので、Retrospectはデータのバックアップ、復元、コピーが可能です。 RetrospectはHFS+ボリュームをAPFSに戻し、APFSボリュームをHFS+ボリュームに戻すことが可能なだけでなく、同じディレクトリのファイルに対して大文字と小文字の区別で問題が発生しないように対応しています。HFS+ は初期設定で大文字と小文字を区別しませんが、APFSは初期設定で大文字と小文字を区別します。復元の際に大文字と小文字の問題を回避するため、「新しいフォルダーにコピー」モードを使用してください。

Mac用Retrospect 10からMac用Retrospect 14.5までの互換性

RetrospectはAPFSボリュームをインストールし、バックアップ/復元することができます。これらは、ユーザーインターフェイスでSMBFSとして表示されます。ただし、Mac用Retrospect Clientはインストールできますが、実行することはできません。すべてのMacクライアントでAPFSボリュームを保護するためにアップグレードする必要があります。さらに、アプリケーションデータはMojaveで保護されません。

Retrospect 9 for Macとの互換性

Retrospect for MacはAPFSにインストールされますが、ライセンスは機能しておらず、操作ができません。 Mac用Retrospect Clientもインストールできますが、実行することはできません。 APFSボリュームを保護するためにアップグレードする必要があります。さらに、アプリケーションデータはMojaveで保護されません。

Retrospect 8 for Macとの互換性

Mac用Retrospect 8には10年の機能と修正がありません。この時点で、データを保護するためにこのバージョンを使用すべきではありません。

Windows用Retrospect 15.5/15.6および16との互換性

Retrospect Client for Macは、APFSとMojaveを完全にサポートしています。

Windows用Retrospect 12.5および15との互換性

Mac用Retrospect ClientはAPFSをサポートしますが、Mojaveはサポートしていません。 Mojaveでは、クライアントはエラーなく成功するように見えますが、実際には多くのアプリケーションデータフォルダを保護できません。

Retrospect 12.1 for WindowsによるWindows用Retrospect 8との互換性

Mac用Retrospect Clientはインストールできますが、実行することはできません。すべてのMacクライアントでAPFSボリュームを保護するためにアップグレードする必要があります。さらに、アプリケーションデータはMojaveで保護されません。

OSバージョンの互換性

必要な最小バージョン サポートされている最新バージョン
OS X Snow Leopard (10.6) Mac 用 Retrospect 8 Mac 用 Retrospect 16.1
OS X Lion (10.7) Mac 用 Retrospect 9 Mac 用 Retrospect 16.1
OS X Mountain Lion (10.8) Mac 用 Retrospect 10 Mac 用 Retrospect 16.5
OS X Mavericks (10.9) Mac 用 Retrospect 11.5 Mac 用 Retrospect 16.5
OS X Yosemite (10.10) Mac 用 Retrospect 11.5 Mac 用 Retrospect 16.5
OS X El Capitan Leopard (10.11) Mac 用 Retrospect 13 Mac 用 Retrospect 16.5
macOS Sierra (10.12) Mac 用 Retrospect 14 Mac 用 Retrospect 16.5
macOS High Sierra (10.13) Mac 用 Retrospect 15.5 Mac 用 Retrospect 16.5
macOS Mojave (10.14) Mac 用 Retrospect 15.6 Mac 用 Retrospect 16.5
macOS Catalina (10.15) Mac 用 Retrospect 16.5 Mac 用 Retrospect 16.5

新機能Retrospectの新着情報 – リモート管理、ストレージグループ、展開ツールを備えたRetrospect 16

すべての環境に対応するデータ保護。

パーソナル

ビジネス