パートナー向けに設計されたRetrospect Virtualにより、単一コンソールで貴社の顧客のVMwareとHyper-Vの環境を保護することができます。

Vm dashboard 2018

Virtualの新機能

主な特徴

Vm hypervisor

ハイパーバイザのサポート

Retrospect Virtual は、VMware と Hyper-V の両方をサポートし、 どちらの仮想データをも完璧にバックアップ保護します。

Vm management

一元管理

Retrospect Virtual に付属している Management コンソールは、VMware と Hyper-V の両方による全てのインストールを監視することを可能にする 集中管理コンソールです。

Vm failover

インスタントリカバリとフェイルオーバー

Retrospect Virtual により、仮想マシンをそのバックアップから即座に復旧させることができ、例え何らかの障害が生じてもビジネスをストップさせません。

Vm granular restore

VMwareおよびHyper-Vでの細かなファイルレベルでの復元 - Add-on

Retrospectバーチャルは今回、仮想マシン向けのファイルレベルでの細かな復元をサポートしました。従来、IT管理者は単一のファイルを仮想マシンから抽出するためには、仮想マシン全体を復元しなければなりませんでした。RunDirectでこのようなVMの復元は早くなりましたが、現在、Granular Restoreによって管理者はVM復元全体をスキップできます。

Vm replication

VMDK 複製

仮想ゲストを他のシステムに元の VMDK 形式で復元することによって、VMware 環境のセクションを複製します。

Vm destinations

オールラウンドなストレージ利用

Retrospect Virtual は、ローカルディスク、共有ネットワーク、および Amazon S3、Google Cloud Storage、Microsoft Azure、 OpenStack、Dropbox を含むクラウドストレージをサポートしています。

Database support

きめ細かいアプリケーション保護

Retrospect Virtualは、様々な仮想アプリケーションとデータベースを保護します: Microsoft Exchange Server、Microsoft SQL Server、Oracle、MySQL Databases、Lotus Domino、Lotus Notes。

Realtime monitoring

リアルタイムで状況を監視

リアルタイムのシステム状況、最新バックアップ、ジョブ、エラー、警告などの復旧が一目でわかるので、管理者はバックアップシステムの健全性を監視し、トラブルシュートが必要な場合、迅速に対応することができます。

Cloud platform

クラウドで動作

コンソールは Amazon EC2、Microsoft Azure、Google Cloud Platform など一般的なクラウド・プラットフォームで利用できるので、全てのバックアップ・ソリューションを迅速に、また経済的に展開することができます。

User management

中央集中型ユーザー管理

ユーザー管理は、シンプルで中央化されています。新規ユーザーは、Windows Active Directory インテグレーションで自動的に作成され、Group Policy Management によって、カスタマイズされたポリシーを異なるグループのユーザーに適用できます。また、エージェントのインストールなしに、ユーザーはマネジメント・コンソールへいつでもどこでも、どのインターネット接続デバイスからでもアクセスすることができ、バックアップセットの管理、クラウドデータのバックアップと復旧、進行中のアクティビティの監視、サーバー上でバックアップされたVMディレクトリのリスタートを行うことができます。

Vm require

内蔵されたセキュリティ

AES-256の暗号化が、貴社のビジネスデータの完全な安全性を提供します。



Vm review

柔軟な価格設定

VM 当たり、またはソケット当たりのライセンスをお選びいただくことにより、 お客様の環境に最適な解決策を選択、構成することができます。

 

チュートリアル

Retrospect Virtual Overview

Retrospect Virtual Instant Restore Demo

Retrospect Virtual Exchange Demo

Retrospect Virtual Installation and Configuration

 

スクリーンショット

Vm create backup set
Vm office backup
Vm restore backup
 

システム要件

VMware

  • VMware ESXi Server 5.x (including free ESXi)
  • VMware ESXi Server 6.0 update 1 (including free ESXi)
  • VMware ESXi Server 6.0 update 2 (including free ESXi)
  • VMware ESXi Server 6.5 (including free ESXi)
  • VMware vCenter Server 5.x
  • VMware vCenter Server 6 update 1
  • VMware vCenter Server 6.5

Microsoft Hyper-V

  • Hyper-V Server 2008
  • Hyper-V Server 2008 R2
  • Hyper-V Server 2008 Stand-alone Server
  • Hyper-V Server 2008 R2 Stand-alone Server
  • Hyper-V Server 2012
  • Hyper-V Server 2012 R2
  • Hyper-V Server 2012 Stand-alone Server
  • Hyper-V Server 2012 R2 Stand-alone Server
  • Hyper-V Server 2016

全システム要件

全システム要件 をご覧ください。

 

マニュアル

 

競争

Retrospect Virtualの競合製品との比較をご覧下さい。

Retrospect Virtual Veeam Backup and Recovery Acronis Backup StorageCraft ShadowProtect
環境        
VMareゲストのバックアップ
Hyper-Vゲストのバックアップ
Exchange メールボックスのバックアップ
管理        
バックアップから直接VMを実行  
ローカル及びクラウドストレージ
サード・パーティーのクラウドストレージのサポート    
AES-256データ暗号化
バックアップ・スケジューリング
Block-Level Incremental Backup
データ保持の方針
D2D2C (Disk-to-disk-to-cloud) ステージングのサポート
PIT (Point-in-Time) リストア
価格設定        
ソケット毎の価格設定
仮想ゲスト毎の価格設定      
 

セールス部門へ問い合わせ

Retrospect Virtualにご興味がおありですか?デモを構成し、トライアルを準備し、お客様の環境に合わせた料金設定についてご相談するために、弊社の販売チームにapac.sales@retrospect.com宛てにメールで、または+61 4168 18958に電話でご連絡ください。

See more details and examples for licensing Retrospect Virtual.