最新情報

 
Management console

Retrospect 管理コンソール

弊社がホストする新しいサービスでは、パソコンからでも携帯電話からでも、Retrospect のインフラ全体を一つの画面で監視・管理することができます。

 
Storage groups

ストレージグループ

Retrospect が同時実行できる、最高 16 倍の速さの、1箇所に集約したバックアップ環境全体を保護することが可能です。ストレージグループ機能によって、同じディスクやクラウドの保存先への並行バックアップを実現しました。

 
Improved tools

ディプロイ・ツール(実装・展開ツール)

マネージド・サービス・プロバイダ(MSP)や IT 管理者に、より便利なツールお届けします。内蔵型自動更新機能やサードパーティとのワークフロー統合機能により、Retrospect クライアントのディプロイと更新を自動的に行うことができます。

 
Management console monitor

リアルタイムモニタリング

実際の活動や予測されるストレージ使用量など、バックアップのリアルタイムビューを参照してください。Retrospect Backup 16で利用可能です。

 
Management console anywhere

どこからでもアクセス - 無料

デスクトップまたはモバイルデバイスからバックアップインフラストラクチャ全体またはクライアントベースを監視します。 Retrospect Backup 16で利用可能です。

 
Every edition

すべてのRetrospectエディション - 無料

Retrospect管理コンソールは、SoloからMulti Server Premiumまで、Retrospectバックアップのすべてのエディションをサポートしています。 Retrospect Backup 16で利用可能です。

 
Console dashboard aggregation

ダッシュボード集約 - アドオン

エンジンと組織の集約を使用して、組織全体のRetrospectエンジンインフラストラクチャのステータスを分析します。管理コンソールアドオンで利用可能です。

 
Console organization drilldown

組織のドリルダウン - アドオン

エンジン情報を分割して組織レベルのドリルダウンを可能にするために、別々の事業所または企業の顧客に対して異なる組織を作成します。管理コンソールアドオンで利用可能です。

 
Management console management

分散管理 - アドオン

すべてのRetrospectエンジンまたは特定のサブセットのみに新しいバックアップ設定を展開します。管理コンソールアドオンで利用可能です。

 
Virtual 2019 office 365

Office 365

あなたのOffice 365アカウントをRetrospect Virtual 2019で守りましょう。

 
Virtual 2019 vmware 6 7

VMware vCenter / ESXi 6.7

Retrospect Virtual 2019 は VMware vCenter/ESXi 6.7 向けの認証を取得済みです。

 
Virtual 2019 hyper v 2019

ハイパーV 2019

Retrospect Virtual 2019 は Hyper-V 2019 向けの認証を取得済みです。

 
Virtual 2019 windows server 2019

Windows サーバー 2019

Retrospect Virtual 2019 は Windows Server 2019 向けの認証を取得済みです。

 
Virtual 2019 exchange 2019

エクスチェンジサーバ 2019

Retrospect Virtual 2019 は Exchange 2019 向けの認証を取得済みです。

 
Version updates

最新プラットフォームへの対応

Retrospect バックアップ 16 は Microsoft Windows Server 2019、SQL Server 2019(CTP 2)、Exchange Server 2019 向けの認証を取得済みです。

 
Cloud cube 256

クラウドストレージとしての認証

Retrospect バックアップ 16 は、MCT、IONOS、Orange Cloud for Business 向けのクラウドストレージとして認証を取得済みです。

 
Support update

macOS への対応に関する最新情報

2018年春に発表した通り、 Retrospect 15 は、Mac のバージョン 10.3、10.4、10.5 に対応する Retrospect の最終版です。macOS の古いバージョンを使用中のお客様は、当社のナレッジベースで対応情報をご確認ください。

 
Bug fixes

バグ修正

今回リリースされる最新のRetrospect では多数の問題を修正しました。今回のリリースにで修正されたバグの一覧についてはRelease Notesをご参照ください。

 

バグ修正

Retrospect の最新版では、これまでの様々な問題を修正しています。 このリリースで修正されたバグの完全なリストについては、「Release Notes」を参照してください。