最新情報

 
Subscription

サブスクリプション

1台のコンピューターのみであれば、毎月わずか400でRetrospectを使い始めることができます。企業のインフラストラクチャ全体に対してお使いになる場合でも、料金は毎月20000。この価格設定のサブスクリプションは、弊社のオンラインストア及び本チャンネルから、全世界で利用いただけます。

 
Granular management

きめ細やかなリモート管理

本バージョンでは、個別のRetrospectエンジンの管理が可能になりました。ソース、セット、スクリプト、アクティビティの表示用に新たな画面が設けられ、さらにスクリプトの作成または更新や新規バックアップの宛先の作成ができる機能も加わりました。

 
Improved support

NASのサポート強化

NASボリュームは、OS経由でマウントされている場合でも、Retrospectで直接閲覧できるようになりました。これにより、Droboまたはその他のNAS端末を素早く利用することが可能になります。

 
System updates

macOS Catalina

Retrospectは最新のmacOSであるmacOS Catalina向けに認証済みです。

 
Management console monitor

リアルタイムモニタリング

実際の活動や予測されるストレージ使用量など、バックアップのリアルタイムビューを参照してください。Retrospect Backup 16で利用可能です。

 
Management console anywhere

どこからでもアクセス - 無料

デスクトップまたはモバイルデバイスからバックアップインフラストラクチャ全体またはクライアントベースを監視します。 Retrospect Backup 16で利用可能です。

 
Every edition

すべてのRetrospectエディション - 無料

Retrospect管理コンソールは、SoloからMulti Server Premiumまで、Retrospectバックアップのすべてのエディションをサポートしています。 Retrospect Backup 16で利用可能です。

 
Console dashboard aggregation

ダッシュボード集約 - アドオン

エンジンと組織の集約を使用して、組織全体のRetrospectエンジンインフラストラクチャのステータスを分析します。管理コンソールアドオンで利用可能です。

 
Console organization drilldown

組織のドリルダウン - アドオン

エンジン情報を分割して組織レベルのドリルダウンを可能にするために、別々の事業所または企業の顧客に対して異なる組織を作成します。管理コンソールアドオンで利用可能です。

 
Management console management

分散管理 - アドオン

すべてのRetrospectエンジンまたは特定のサブセットのみに新しいバックアップ設定を展開します。管理コンソールアドオンで利用可能です。

 
Virtual 2019 office 365

Office 365

あなたのOffice 365アカウントをRetrospect Virtual 2019で守りましょう。

 
Virtual 2019 vmware 6 7

VMware vCenter / ESXi 6.7

Retrospect Virtual 2019 は VMware vCenter/ESXi 6.7 向けの認証を取得済みです。

 
Virtual 2019 hyper v 2019

ハイパーV 2019

Retrospect Virtual 2019 は Hyper-V 2019 向けの認証を取得済みです。

 
Virtual 2019 windows server 2019

Windows サーバー 2019

Retrospect Virtual 2019 は Windows Server 2019 向けの認証を取得済みです。

 
Virtual 2019 exchange 2019

エクスチェンジサーバ 2019

Retrospect Virtual 2019 は Exchange 2019 向けの認証を取得済みです。

 

バグ修正

Retrospect の最新版では、これまでの様々な問題を修正しています。 このリリースで修正されたバグの完全なリストについては、「Release Notes」を参照してください。