Essentials

Windows Server 2012 Essentials/SBSを使用するWindows Server1台、 Microsoft Exchangeを使用するサーバー1台、Microsoft SQLを使用するサーバー1台、加えて無制限のデスクトップ、ラップトップのワークステーションを保護。
1か月あたり3,000円または永続的な58,000円から。

主な特徴

最新情報 - Retrospect Backup 16.5

最新情報 - Retrospect 管理コンソール

ダウンロードRetrospect Backup 16

追加機能

Retrospectはすべてのエディションですべての機能が使用可能、万全のデータ保護を提供します。

  • 中央集中管理

    Retrospect の新しいハイレベルダッシュボードはバックアップ環境全体の状況についてハイレベルなビューを提供してくれます。

  • クロスプラットフォームサポート

    Retrospect のネイティブクライアントソフトウェアを使えば、異種混在ネットワークを保護でき、オペレーティングシステムに関係なく完全なバックアップを実現できます。

  • エンドツーエンドセキュリティ

    Retrospectは保存データと転送中データ両方のためのセキュリティオプションとして、AES-256などさまざまな暗号化アルゴリズムをサポートしています。

  • スマート増分バックアップ

    Retrospect にフルバックアップの必要性を伝える必要はありません。 Retrospect はバックアップに存在しないユニークなファイルのみをバックアップします。

  • スマートリストア

    Retrospectはボリューム上のファイルを正確に復元。不要なファイルが復元され、後で削除作業が必要になることはありません。

  • ストレージ予算に合わせます

    グルーミングはご予算に合ったストレージをご利用いただき、お客様が長期バックアップ保有ポリシーで保護された状態を維持して昨日、先週、先月あるいは5年前から確実に復元できるようします。

  • 監視システムの統合

    最新の Retrospect は Nagios や Slack、また IFTTT を含む最新の監視システムと統合しています。

  • 高度データ複製

    Retrospect は複数のコンピュータのバックアップであっても、ユニークなファイルだけをバックアップメディアにコピーするため、 ストレージを最大限に利用することができます。

  • ディザスターリカバリー

    起動不可能な状態からの迅速な復旧をもたらす起動メディアは Retrospect が保護するほとんど全ての Windows システムで作成が可能です。

  • 柔軟な宛先

    Retrospect は、バックアップメディアとして、ハードディスク、ネットワークアタッチディスク、クラウドストレージ、フラッシュメディア、主要なテープフォーマットといった、ほとんどの種類の磁気メディアをサポートしています。

  • 永久ライセンス

    Retrospectはすべて、データ保護の永久ライセンスです。月額料金はありません。

  • パワフルなフィルタリング

    特定なファイル、フォルダ、ボリュームを含める、または除外する、または特定のデータだけをクラウドストレージにバックアップするために、 Retrospect ではファイル名、日付、種類などのさまざまな条件でデータをフィルタリングする機能を内蔵し、ユーザー定義可能なルールも備えています。

  • パワー会話オプション

    バックアップに必要な全体的な電力需要を低減するために、 Retrospect はバックアップ時にコンピュータをスリープ/スタンバイモードから復帰させ、 バックアップ終了時には省電力状態に戻します。

  • iPhoneやiPadで監視

    iPhone、iPad または iPod Touch で無償の Retrospect iOS アプリを使って、 Wi-Fi または 3/4G 経由でバックアップの監視や実行を制御することができます。

なぜ企業がRetrospectを選択するのか

追加アドオン

含む

オープンファイル バックアップ 無制限

Windows サーバー、デスクトップ、ラップトップ上の NTFS フォーマットでのオープンファイルを保護します。このアドオンは、稼働中の会計、CRM、および独自のデータベースなどの基幹業務アプリケーションや、複数のボリュームに分散したそれらのアプリケーションのデータファイルの保護を可能にします。Retrospect のオープン ファイル バックアップ 無制限アドオンは、エンドユーザーのデスクトップやラップトップを含む、Retrospect ホストサーバーによって保護されているすべての Windows システムをカバーします。

含む

異機種ハードウェア復元 無制限

オペレーティングシステム、アプリケーション、レジストリー、データを含む起動ボリューム全体を、より新しいモデルや異なるメーカー等の物理的に完全に異なるコンピュータへ復元することを可能にします。 Retrospect の異機種ハードウェア復元 無制限アドオンは、エンドユーザーのデスクトップやラップトップを含む、Retrospect ホストサーバーによって保護されているすべての Windows システムをカバーします。

含む

Microsoft SQL Server Agent

Microsoft SQL Server 2019、2017、2016、2014、2012、2008、2005 のホットバックアップを提供します。SQL サーバーまたは個別のデータベースを特定な時間まで自動復元します。Retrospect アプリケーションまたは Retrospect クライアントを実行している SQL サーバーに対してライセンス供与されます ; Retrospect サーバークライアントライセンスを含みます。

含む

Microsoft Exchange Server Agent

Microsoft Exchange Server 2016、2013、2010、2007、および 2003 のストレージグループ、データベース、メールボックスのホットバックアップを提供します。 Exchange サーバーまたは個別のコンポーネントを特定な時間まで自動復元します。 Retrospect アプリケーションまたは Retrospect クライアントを実行している Exchange サーバーに対してライセンス供与されます; Retrospect サーバークライアントライセンスを含みます。

電子メールIMAPの保護エージェント

無制限の電子メールIMAPアカウント向けの保護と移行を行います。組織内のあらゆる電子メールアカウントをバックアップし、添付ファイル付きの個々の電子メールを元のアカウントや新規のアカウントに復元します。あらゆる電子メールを一度または定時に、あるアカウントから別のアカウントへ移行します。

高度テープサポート

複数のスタンドアロン ドライブ、ライブラリのドライブ、オートローダーのドライブなどの複数のテープドライブを並行して使用することにより、バックアップ時間を短縮します。 高度テープサポートアドオンは、テープドライブ単位でなく、Retrospect ホストサーバー単位でライセンスされます。例えば、 1 ライブラリで 4 テープドライブ搭載の場合、必要な高度テープサポートアドオンのライセンスは 1 つだけです。

Retrospect サーバー クライアント

Retrospect Single Server エディションでバックアップできる、ネットワーク接続されたサーバーの数を増やします。1 つの Retrospect サーバークライアントは、ネットワーククライアントとして、1 台の追加サーバーを保護するライセンスを追加します。

年間サポートおよびメンテナンス (ASM)

ASMは購入日から1年間、追加費用なしでメールと電話 (一部の地域のみ)による技術サポートおよび購入製品のすべてのアップグレード/アップデートをご提供します。 詳細を読む・・・

ASMの詳細については、販売担当者にお問い合わせください。

クラウドストレージプロバイダー

システム要件

Windows 用 Retrospectは下記のMicrosoft Windowsオペレーティングシステムのローカルおよびクライアントバックアップ、ならびに下記のApple OS XとLinuxオペレーティングシステムのクライアントバックアップに対応しています。

Microsoft Windows

MS EssentialsサーバーはWindows Server Essentials/SBS上でのみ動作します。
  • Windows 10
  • Windows 8.1
  • Windows 8
  • Windows 7
  • Windows Vista
  • Windows XP
  • Windows Server 2019
  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2012
  • Windows Server 2008
  • Windows Server 2003
  • Windows Server Essentials 2019
  • Windows Server Essentials 2016
  • Windows Server Essentials 2012
  • Windows SBS 2011
  • Windows SBS 2008
  • Windows SBS 2003
  • Windows Storage Server 2008
  • Windows Storage Server 2003

Apple macOS

  • macOS Catalina 10.15
  • macOS Mojave 10.14
  • macOS Mojave Server 10.14
  • macOS High Sierra 10.13
  • macOS High Sierra Server 10.13
  • macOS Sierra 10.12
  • macOS Sierra Server 10.12
  • OS X El Capitan 10.11
  • OS X El Capitan Server 10.11
  • OS X Yosemite 10.10
  • OS X Yosemite Server 10.10
  • OS X Mavericks 10.9
  • OS X Mavericks Server 10.9
  • OS X Mountain Lion 10.8
  • OS X Mountain Lion Server 10.8
  • OS X Lion 10.7
  • OS X Lion Server 10.7
  • OS X Snow Leopard 10.6
  • OS X Snow Leopard Server 10.6

Linux

  • CentOS 7
  • CentOS 6.5
  • CentOS 6.4
  • Red Hat Enterprise Linux 7
  • Debian 7.6
  • Ubuntu Server 14.04
  • SUSE 11 Enterprise Server 11 SP3
  • SUSE 11 Enterprise Server 11 SP2
 

サーバーの保護

サーバー OS クライアントのバックアップには、利用可能なサーバー クライアント ライセンスを有する Retrospect Multi Server またはその他の Server エディションが必要です。

全システム要件

全システム要件 をご覧ください。

ストレージ デバイス

Retrospect は、ハードドライブ (ダイレクトおよびネットワークアタッチの両方)、テープドライブとライブラリ、フラッシュストレージ、リムーバブルドライブ (RDX、REV、その他) などの多種多様なストレージデバイスをバックアップの宛先としてサポートしています。Retrospect Device Support Database でサポートしているテープドライブとライブラリをご確認いただけます。