スクリプトによる自動実行

基本操作」では、Retrospect の基本バックアップ、複製、アーカイブ、復元、および転送操作の設定と実行方法を解説しました。本章では、スクリプト(Retrospect 独自の Proactive Backup スクリプトを含む)を使ってプロセスを自動化する方法について解説します。

スクリプトの概説

Retrospect の利点の 1 つは、反復作業を自動化できることです。スクリプトを作成することによって、「基本操作」で説明した操作をすべて自動化することができます。

  • バックアップ
  • 複製
  • アーカイブ
  • 復元
  • バックアップセット転送
  • スナップショット転送

さらに、Proactive Backup を使用すれば、ユーザが指定した基準に基づいて、次回のバックアップ対象の優先順位を頻繁に付け直す高度なスクリプトを作成することができます。さらにグルーミングスクリプトや検証スクリプトを作成して、このようなバックアップセットの管理タスクを自動化することもできます。

スクリプトは、バックアップ計画を立案するための重要な要素です。効率的なバックアップ計画の立案方法については、バックアップ計画を参照してください。

自動操作には、基本操作と同じ情報(元ボリューム、宛先、ファイル選択基準、その他のオプション)がすべて含まれます。元ボリューム、宛先ボリューム、ファイル選択基準、その他のオプションという、Retrospect Express の他のバックアップ操作と同じ要素を使用します。スクリプトには、いつこれらの自動操作が実行されるかを制御するスケジューリングコンポーネントも含まれます。

Retrospect では、スケジュールを設定してスクリプトを自動実行できるので、全ユーザが都合のよい時間に、操作を行うことができます。スクリプトによるバックアップをスケジュールしておくと、バックアップコンピュータを起動して、バックアップデバイスに適切なメディアをセットしておくだけで、データが定期的にバックアップされます。スクリプトを実行する時間になると、Retrospect が自動的に起動し、操作を実行します。Retrospect の先読み時間に実行するようにスケジュールされたほかのスクリプトがない場合、また「スタートアップ環境設定スタートアップ環境設定」で「シャットダウン」を選択していた場合、操作が完了したときに Retrospect はシャットダウンします。

自動操作には、スクリプトの作成、スクリプトのスケジュール、スクリプトの実行、および Proactive Backup スクリプトの使用が含まれます。スクリプトの管理とメンテナンスについては、スクリプトのメンテナンスを参照してください。

スクリプトの作成

Retrospect では、次の 2 通りの方法でスクリプトを作成できます。

これらの方法で、どのタイプのスクリプトでも(バックアップ、複製、アーカイブ、復元、転送)作成できます。

Proactive Backup スクリプトについては、別に説明します。詳しくは、Proactive Backup スクリプトを参照してください。

基本操作のスケジュール

基本操作の概要ウィンドウ(バックアップ、複製、アーカイブ、復元、転送)にはすべて、その操作に基づいてスクリプトを作成できる「スケジュール」ボタンがあります。

バックアップ、複製、および復元の各操作で「スケジュール」ボタンを使用するには、高度な設定モードに切り替える必要があります。

基本操作をスケジュールするには

  1. 基本操作の概要ウィンドウから「スケジュール」ボタンをクリックします。
  2. スクリプトの名前を入力して「OK」をクリックします。
  3. スクリプトの概要ウィンドウ内の情報を確認し、必要に応じて修正します。
  4. 「スケジュール」ボタンをクリックし、スクリプトのスケジュール作成の説明に従ってスクリプトをスケジュールします。
  5. スクリプトの概要ウィンドウ内の情報がすべて正しければ、ツールバーの「保存」アイコン
  6. 126 をクリックします。

スクリプトは基本操作のバックアップウィザードで作成して、基本操作の複製ウィザードで複製することもできます。詳しくはウィザードモードでのバックアップおよびウィザードモードでの複製を参照してください。

「スクリプトの管理」コマンドの使用方法

「スクリプトの管理」コマンドを使用して、新規スクリプトを作成したり、既存スクリプトの設定を修正したりすることができます。

既存スクリプトの修正方法について詳しくは、スクリプトのメンテナンスを参照してください。新規スクリプトの作成方法については、以下の項を参照してください。

データベースの復元およびメールボックスの復元スクリプトについては、「SQL Server Agent」および「Exchange Server Agent」を参照してください。

スクリプトによるバックアップ

バックアップスクリプトは「スクリプトの管理」コマンドを使って、2 通りの方法で設定できます。1 つは Retrospect のバックアップウィザードで指示に従いながら、手順を追って設定する方法、もう 1 つは高度な設定モードで、自分の判断に基づいて設定する方法です。高度な設定モードでは、ウィザードにはないオプションが利用できます。詳しくは、以下を参照してください。

ウィザードモードでのバックアップスクリプトの作成

バックアップウィザードを使えば、バックアップ操作スクリプトの設定と編集を、容易に行うことができます。バックアップウィザードを開始するには、ナビゲーションバーの「自動化」をクリックして、「スクリプトの管理」ボタンをクリックします。スクリプト編集ウィンドウが表示されます。

126

「新規」ボタンをクリックして、新規スクリプトの作成を開始します。スクリプト選択ウィンドウが表示されます。

127

リストから「バックアップ」を選択して、「OK」をクリックします。スクリプト命名ウィンドウで、名前を入力して「OK」をクリックします。「バックアップウィザードへようこそ」画面が表示されます。

高度な設定モードの「バックアップスクリプトの概要」画面が表示された場合は、「ウィザードモードに変更」をクリックしてください。

「ようこそ」画面

バックアップスクリプトを今回初めて設定する場合は、「次へ」をクリックしてバックアップウィザードでの設定を続行します。高度な設定モードでバックアップを設定するには、「高度な設定モードに切り替える」をクリックします。詳しくは、高度な設定モードでのバックアップスクリプトの作成を参照してください。

128

バックアップスクリプトを以前に設定したことがあれば、「バックアップウィザードへようこそ」画面に現在の設定が表示されます。詳しくは、バックアップスクリプト設定の編集を参照してください。

バックアップ対象の選択

バックアップ対象と記述内容が合致するオプションのボタンをクリックします。

129

  • 「ドキュメントと設定」(Retrospect Desktop のみ)は、Documents and Settings フォルダをバックアップします。このフォルダには、マイドキュメント、マイピクチャ、マイミュージック、お気に入り、デスクトップなど、ユーザ専用のフォルダが含まれています。
  • 「マイコンピュータ」は、ローカルコンピュータをバックアップします。
  • 「マイコンピュータとバックアップクライアント」は、ローカルコンピュータと、ログインしているすべての Retrospect クライアントコンピュータをバックアップします。
  • 「クライアントのみバックアップ」(Retrospect Desktop 以外)は、ログインしているすべての Retrospect クライアントコンピュータをバックアップします。
  • 「選択」では、ローカルコンピュータ、ログインしている Retrospect クライアントコンピュータ、およびネットワークボリュームから、バックアップするドライブとフォルダを手動で選択できます。

Retrospect クライアントの追加

「マイコンピュータとバックアップクライアント」または「クライアントのみバックアップ」を選択すると、バックアップ時にログインしているすべての Retrospect クライアントコンピュータのデータがバックアップされます。

Retrospect クライアントをログインするには「クライアントの追加」をクリックします。クライアントのインストール、設定、およびログインの詳細は、「ネットワーク接続クライアント」を参照してください。

ドライブやフォルダの手動選択

「何をバックアップしますか?」画面で「選択」を選ぶと、バックアップするドライブやフォルダを個別に選択できます。

130

ドライブやフォルダを 1 つ選択すると、それまで選択していたドライブやフォルダが選択解除されます。前の選択を解除せずにドライブやフォルダを選択するには、Ctrl キーを押しながらクリックします。Shift キーを押しながらクリックすると、既存の選択位置からクリックした位置までのすべてのドライブとフォルダが選択されます。

この画面のリストに含まれるあらゆるコンテナ(マイコンピュータ、マイ ネットワーク、バックアップクライアント、元ボリュームグループ)内のドライブとフォルダを選択できます。また、コンテナ自体を選択することもできます。コンテナを選択すると、その内部のすべての項目がバックアップされます。

  • Retrospect クライアントを「バックアップクライアント」コンテナに追加するには、「クライアントの追加」をクリックします。
  • ネットワークボリュームを「マイネットワーク」コンテナに追加するには、「ネットワークボリュームの追加」をクリックします。
  • ドライブ内のフォルダを表示するには、ドライブを選択して「フォルダの表示」をクリックします。

詳しくは、コンテナを参照してください。

バックアップするファイルの種類の選択

バックアップするファイルの種類に応じて、該当する各チェックボックスを選択します。すべてのチェックボックスを選択すると、すべてのファイル(キャッシュファイルを除く)がバックアップされます。

これらのオプションの一部は、Windows、Mac OS、Linux で動作が異なります。以下の説明では、これらのオプションを Windows コンピュータで使用する方法に焦点を当てています。その他のオペレーティングシステムで、これらのオプションを使用する方法については、組み込みセレクタを参照してください。

131

  • 「ドキュメントと設定」は、Documents and Settings フォルダ内のファイルをバックアップします。このフォルダ内には、各ユーザの「マイドキュメント」、「お気に入り」、「Application Data」、「デスクトップ」などのフォルダがあります。
  • Windows 9x システムの場合は、「ドキュメントと設定」を選択すると「Profiles」フォルダがバックアップされます。
  • 「オペレーティングシステムとアプリケーション」は、Windows フォルダやシステム状態などのシステムファイルをバックアップします。また、アプリケーションファイル(「Program Files」フォルダ内の項目を含む)、および元ボリュームの各所にある、既知のアプリケーション拡張子(.exe、.dll など)を持つ各ファイルもバックアップします。
  • 「オペレーティングシステムとアプリケーション」のバックアップを行わない選択をすると、Retrospect はデフォルトの実行オプションのうちいくつかを変更します。Retrospect は「Back Up System State」と「Back up folder security information for workstations」オプションの両方をオフにします。詳しくはWindows システムオプションおよびWindows セキュリティオプションを参照してください。
  • 「写真」は、各ユーザの「マイドキュメント」フォルダ内の、「My Pictures」フォルダにあるすべてのファイルをバックアップします。また、元ボリュームの各所にある、一般的な画像ファイル拡張子(.jpg など)を持つ各ファイルもバックアップします(「Windows」フォルダと「Program Files」フォルダ内のファイルを除く)。
  • 「音楽」は、各ユーザの「マイドキュメント」フォルダ内の、「My Music」フォルダにあるすべてのファイルをバックアップします。また、元ボリュームの各所にある、一般的な音楽ファイル拡張子(.mp3 など)を持つ各ファイルもバックアップします(「Windows」フォルダと「Program Files」フォルダ内のファイルを除く)。
  • 「動画」は、各ユーザの「マイドキュメント」フォルダ内の、「My Videos」フォルダにあるすべてのファイルをバックアップします。また、元ボリュームの各所にある、一般的な動画ファイル拡張子(.mov など)を持つ各ファイルもバックアップします(「Windows」フォルダと「Program Files」フォルダ内のファイルを除く)。
  • Officeドキュメント」は、元ボリュームの各所にある Microsoft Office 文書、Microsoft Outlook データ、および Adobe PDF ファイルをバックアップします(「Windows」フォルダと「Program Files」フォルダ内のファイルを除く)。
  • その他すべてのファイル」は、他のオプションで選択されない全ファイルをバックアップします。
  • 「ドキュメントと設定」および「オペレーティングシステムとアプリケーション」は、フォルダをバックアップする際には利用できません。

バックアップの宛先デバイスの選択

バックアップは、テープドライブ、CD/DVD ドライブ、ハードドライブなど、Retrospect でサポートされているあらゆるデバイスに格納できます。以下のどちらかを選択します。

  • テープ、CD、DVD
  • ローカルコンピュータやネットワーク上のハードドライブ

テープ、CD、または DVD を使用する場合は、利用可能なデバイスが表示されます。バックアップ先として使用するデバイスを選択して「次へ」をクリックします。

ハードドライブの場合は、ローカルの各ハードドライブと、「マイネットワーク」コンテナ内に一覧されているネットワークボリュームが表示されます。

ネットワークボリュームを追加するには、「マイネットワーク」をダブルクリックし、追加するボリュームの位置まで移動してボリュームを選択し、「追加」ボタンをクリックします。そのボリュームにログイン名とパスワードが必要な場合は、それらを入力して「OK」をクリックします。

ネットワークボリュームに対する権限を持ったユーザとしてログインするように Retrospect を設定した場合、再びログインを要求されることはありません。詳しくは、セキュリティ環境設定を参照してください。

ローカルドライブやネットワークボリューム上の特定のフォルダを指定するには、ドライブまたはボリュームを選択して「参照」ボタンをクリックします。バックアップするフォルダの位置まで移動して「OK」をクリックします。

スケジュール作成の有無の選択

スクリプトのスケジュールは、作成するかどうかを選択できます。

スケジュールを作成しない場合も、スクリプトは必要になったときに手動で実行できます。詳しくは、スクリプトの手動実行を参照してください。スケジュールは、後でスクリプトに追加することもできます。

選択を行って「次へ」をクリックします。

スケジュールを持つスクリプトを編集するときには、利用できるオプションに「既存のスケジュールを維持」が追加されます。

バックアップの実行タイミングの選択

スクリプトを実行する曜日のチェックボックスを選択し、さらにスクリプトの実行を開始する時刻を指定します。

132

Retrospect では使用中のコンピュータもバックアップできますが、通常の営業時間後にスクリプトを実行すれば、使用中のコンピュータの数を減らすことができます。

1 つまたは複数のバックアップセットの指定

バックアップ先として 1 つのバックアップセットを使うか、複数のバックアップセットを使うかを選択します。

複数のバックアップセットにバックアップすれば、データ保護の水準が高まります。各バックアップセットにデータの完全なバックアップが保持されるため、メディア障害に対するセーフティネットが確保されるほか、使用していないバックアップセットのメディアを運用環境外に保管し、盗難、火災、その他の災害に備えることもできます。

1 週間に 1 回だけバックアップするように選択した場合は、この画面で 1 つのバックアップセットを使うか、2 つのバックアップセットを 1 週間ごとに切り替えるかを選択できます。

バックアップセット数の選択

複数のバックアップセットへのバックアップを選択した場合は、使用するバックアップセットの数と、各バックアップセットの切り替え頻度を、ここで指定します。

133

最初のオプションを選択すると、選択したバックアップの実行日ごとにバックアップセットが切り替えられます。たとえば、毎日バックアップするように指定した場合は、バックアップセット数が 7 つに設定され、曜日ごとに異なるバックアップセットが使用されます。一方、月曜日と水曜日、および金曜日にバックアップするように選択した場合には、バックアップセット数は 3 つに設定され、月、水、金の曜日ごとに異なるバックアップセットが使用されます。

2 番目のオプションを選択するとバックアップセット数は 2 つになり、1 週間ごとに切り替えて使用されます。たとえば、毎日バックアップするように指定した場合、最初の週は 1 つ目のバックアップセットに毎日バックアップされ、次の週は 2 つ目のバックアップセットに、同様に毎日バックアップされます。このオプションを選択した場合、バックアップセットを切り替える曜日を、リストボックスを使って指定します。

バックアップセットの命名

この画面の表示内容は、指定したバックアップセットの数によって異なります。

指定したバックアップセットの数だけ名前を入力するか、デフォルトで表示される名前をそのまま使用します。バックアップセットが作成済みであれば、「既存のものを使用」チェックボックスをチェックして、リストボックスからバックアップセットを選択することもできます。

  • 複数のバックアップセットを使う場合は、それぞれに区別しやすい、意味のある名前を付けることが大切です。バックアップセットに付けた名前を、後で変更することはできません

134

「既存のものを使用」チェックボックスは、既存のバックアップセットが存在する場合のみ表示されます。

圧縮オプションの設定

このバックアップスクリプトでソフトウェアデータ圧縮を有効にする場合は、「はい」ラジオボタンをクリックします。

135

ソフトウェアデータ圧縮では、ファイルを圧縮してからバックアップセットにコピーするので、バックアップセットの容量を節約することができます。復元の実行時には自動的に解凍され、元の状態に戻されます。

節約できる量は、圧縮するファイルのタイプによって異なります。テキストファイルは圧縮率が高く、アプリケーションファイルやシステムファイルは低くなります。

バックアップセットへのバックアップと、バックアップセットからの復元は、ソフトウェアデータ圧縮を使用すると、使用しない場合に比べて時間がかかります。

ハードウェア圧縮機能を持つテープデバイスにコピーする場合は、最適なパフォーマンスを得るためにソフトウェア圧縮は自動的にオフになり、常にハードウェア圧縮が使用されます。

バックアップセットのセキュリティオプションの設定

この画面では、バックアップセットへのアクセスを制限するパスワードを指定できます。また、バックアップセットのデータの暗号化を選択して、セキュリティをいっそう強固にすることもできます。

暗号化を使用すると、バックアップに要する時間が長くなります。

136

「バックアップセットのセキュリティ」リストボックスからオプションを選択します。

  • 「暗号化なし」:パスワードによる保護がバックアップセットに行われず、バックアップセットのデータは暗号化されません。
  • 「パスワードのみ」:バックアップセットにパスワードによる保護が行われます。保存されたデータは暗号化されません。
  • 「SimpleCrypt」:パスワードによる保護に加え、Retrospect 独自の暗号化フォーマットによるバックアップセットデータの暗号化が行われます。
  • 「DES」:パスワードにより保護され、データ暗号化標準に従ってバックアップセットデータが暗号化されます。
  • 「AES-128」:パスワードにより保護され、128 ビットのデータ暗号化標準(AES:Advanced Encryption Standard)に従ってバックアップセットデータが暗号化されます。
  • 「AES-256」:パスワードにより保護され、256 ビットのデータ暗号化標準(AES:Advanced Encryption Standard)に従ってバックアップセットデータが暗号化されます。AES-256 は、セキュリティとパフォーマンスのバランスの点で最も優れています。
  • バックアップセットに設定したパスワードや暗号化方式は変更できません。バックアップセットに設定したパスワードを忘れてしまうと、そのバックアップセットにアクセスできなくなります。

パスワードを設定し、一定の条件下でそのパスワードを Retrospect に記憶させたい場合には、「パスワードを記憶」リストボックスからオプションを選択します。

  • 「アクセス用のパスワードはどれでも記憶する」:基本操作と自動操作で使用されるパスワードをすべて保存します。
  • 「スクリプトでアクセスするときのパスワードを記憶する」(デフォルト):自動操作で使用されるパスワードだけを保存します。たとえば、このオプションを設定したバックアップセットが、スクリプトによる夜間のバックアップの宛先である場合、手動でパスワードを入力する必要はありません。
  • 「どのアクセス用のパスワードも記憶しない」:いかなる場合でも、バックアップセットにアクセスするのに、パスワードを入力する必要があります。このオプションを設定したバックアップセットには、パスワードを入力せずにバックアップしたり、そのプロパティを表示したりすることはできません。一度パスワードを入力した後は、Retrospect を終了し再起動するまでは、パスワードを再び入力する必要はありません。
  • 「パスワードを記憶」の設定は、バックアップセットのプロパティを変更することによって、必要に応じて変更できます。詳しくは、バックアップセットの設定を参照してください。

テープドライブバックアップの置き換えオプション

テープバックアップセットへのバックアップでは、バックアップ先のバックアップセットを、バックアップ実行前に置き換えるように指定できます。置き換えを指定すると、バックアップセット内の各テープを再利用できますが、それらのテープに記録されていたデータはすべて失われます。

テープバックアップセットを置き換える前に、その中の各テープのデータが他のメディアに保管済みであるか、あるいは本当に消去してもかまわないことを確認してください。

137

  • 「いいえ、既存のバックアップデータを保持します。」:バックアップセット内のすべての既存データを保持する場合に選択します。各バックアップセットへの前回のバックアップより後に作成されたファイルと、変更されたファイルだけがバックアップされます。テープメンバーの空きがなくなると、新しいテープが要求されます。
  • 「はい、上書きして構いません。」:テープバックアップセットをバックアップの実行前に置き換える場合に選択します。Retrospect で書き替えバックアップが実行されると、バックアップセットのカタログファイルの内容(もしあれば)が消去され、バックアップ済みファイルが 1 つもない状態にします。次に、バックアップセット内の先頭テープメンバーが検索され、それが有効な場合は消去されます。先頭のメディアメンバーが利用不可能な場合は、利用できる新規または消去済みのテープが使われます。選択したすべてのファイルがバックアップされます。
  • 高度な設定モードでは、各スケジュールのバックアップ動作を「置き換え」に設定することによって、テープバックアップセットを置き換えることができます。詳しくは、スクリプトスケジュールの作成を参照してください。

ハードドライブバックアップのグルーミングオプション

以下のオプションは、ハードドライブにバックアップする場合のみ有効です。バックアップ先のハードドライブに空きがなくなった(または割り当てたディスク領域がすべて消費された)ときに、Retrospect がどのように対処するかを、以下のオプションから選択します。

138

  • 「新しいディスクを要求する」:バックアップドライブに空きがなくなると、残りのバックアップの格納先として、別のハードドライブが要求されます。元のバックアップ先ハードドライブ上のデータはすべて保持されます。
  • 「最後だけを保持する n バックアップ」:バックアップドライブに空きがなくなったときに保持されるバックアップの数を指定します。指定した数のバックアップが、新しいものから保持されます。それより古いすべてのバックアップがハードドライブから削除され、バックアップデータ用の空き領域が確保されます。
  • 「Retrospectの定義済みポリシーに従って保持する」:バックアップドライブに空きがなくなると、Retrospect のグルーミングポリシーに従って古いバックアップが削除されます。Retrospect のポリシーでは、少なくとも 2 つのバックアップが元ボリュームごとに保持されます(前回のバックアップ日とその前のバックアップ日の最終バックアップが、元ボリュームごとに保持されます)。さらに、ディスクに十分な空きがあれば、先週の各曜日のバックアップと先月の各週のバックアップ、および各月のバックアップがそれぞれ 1 つずつ、元ボリュームごとに保持されます。

バックアップスクリプト設定の確認

「バックアップの概要」画面には、ウィザードで指定したバックアップスクリプト設定が表示されます。

139

  • 「コピー元」には、バックアップするドライブやフォルダが一覧されます。
  • 「選択」には、バックアップするファイルの種類が一覧されます。
  • 「宛先」には、データのコピー先となるバックアップセットの名前が表示されます。
  • 「スケジュール」には、バックアップスクリプトが実行される曜日と時刻が一覧されます。
  • ウィザードで指定した一部のオプション(圧縮方式など)は、この概要画面には表示されませんが、実行されるバックアップには反映されます。

バックアップスクリプトの設定を変更するには、「前へ」をクリックします。

スクリプトの設定を保存するには、「完了」をクリックします。スクリプト設定を保存して、ただちにスクリプトを実行するには、「今すぐ複製」チェックボックスをチェックして「完了」をクリックします。

スクリプトに複数の宛先バックアップセットが含まれる場合は、「今すぐバックアップ」を選択する際に、使用するバックアップセットをドロップダウンメニューから選択してください。

バックアップスクリプト設定の編集

バックアップスクリプトを編集するには、ナビゲーションバーで「自動化」>「スクリプトの管理」を選択します。「スクリプト」ウィンドウで編集するスクリプトを選択し、「編集」をクリックします。

140

高度な設定モードの「バックアップの概要」画面が表示された場合は、「ウィザードモードに変更」をクリックしてください。

設定を編集するには、「この設定を変更」を選択して「次へ」をクリックします。ウィザードモードでの設定の編集方法は、最初に設定したときの方法とほとんど同じです。詳しくは、ウィザードモードでのバックアップスクリプトの作成を参照してください。

現在のスクリプト設定でバックアップを実行するには、「この設定で今すぐバックアップ」を選択して「今すぐ開始」をクリックします。

スクリプトに複数の宛先バックアップセットが含まれる場合は、使用するバックアップセットをドロップダウンメニューから選択してください。

高度な設定モードで設定を編集するには、「高度な設定モードに切り替える」をクリックします。詳しくは、ウィザードモードから高度な設定モードへの切り替えを参照してください。

ウィザードモードから高度な設定モードへの切り替え

ウィザードモードに含まれていない詳細オプションを使用するには、「バックアップウィザードへようこそ」画面で「高度な設定モードに切り替える」をクリックします。

バックアップスクリプトが未設定の場合も、高度な設定モードでのバックアップスクリプトの作成で説明されている手順で、高度な設定モードを利用できます。

バックアップスクリプトをすでに設定している場合、その設定は Retrospect に記憶されており、高度な設定モードの概要ウィンドウに表示されます。

  • 高度な設定モードでは、ウィザードモードのすべてのオプションが利用できます。ウィザードから高度な設定モードに切り替えると、これらのオプションの設定も、対応するオプションに直接反映されます。

高度な設定モードでのバックアップスクリプトの作成

高度な設定モードには、ウィザードモードでは利用できない、いくつかの強力なオプションがあります。高度な設定モードに特有の機能は次のとおりです。

  • より多くの組み込みセレクタ
  • カスタムセレクタの作成と適用
  • 異なる複数のバックアップ動作を含む、複数のカスタムスケジュールの作成
  • ウィザードモードで利用できない多数のオプション

この項では、バックアップスクリプトを定義する手順を説明します。

以下で説明するように、スケジュールと保存の手順はすべてのスクリプトで同じです。

バックアップスクリプトの作成

  1. ナビゲーションツールバーから、「自動化」をクリックしてから、「スクリプトの管理」ボタンをクリックします。

    スクリプト編集ウィンドウが表示されます。

    141

  2. 「新規」ボタンをクリックして、新規スクリプトの作成を開始します。

    スクリプト選択ウィンドウが表示されます。

    142

  3. リストから「バックアップ」を選択して、「OK」をクリックします。

    スクリプト命名ウィンドウが表示されます。

  4. スクリプトの名前を入力して「OK」をクリックします。

    入力したスクリプト名がウィンドウに表示されます。

    143

    Retrospect のバックアップウィザードが表示された場合は、「高度な設定モードに切り替える」をクリックしてください。

    この「スクリプト」ウィンドウは、基本バックアップの概要ウィンドウとほぼ同じで、元ボリューム、宛先バックアップセット、ファイルの選択基準、オプションが表示されます。これはスクリプトであるため、スケジュール情報も含まれます。

  5. 内容を変更するには、以下の該当するボタンをクリックします。

「元ボリューム」では、元ボリュームの追加や削除を行います。

「宛先」では、保存先バックアップセットを選択することができます。

「選択」では、セレクタを選択し、バックアップするファイルおよびフォルダを選択する条件を指定します。

「オプション」をクリックすると、検証機能やデータ圧縮のオン、オフを切り替えることのできるオプションウィンドウが表示されます。

「スケジュール」では、スクリプトの実行日時や間隔を指定します。

バックアップ元の設定

スクリプト定義の最初の手順は、元ボリュームの設定です。

  1. 「元ボリューム」ボタンをクリックします。

    「ソース選択」ウィンドウが表示されます。

    144

  2. 元ボリューム(1 つまたは複数)を選択した後、「OK」をクリックします。

    145

  3. 追加の元ボリュームを選択するには「追加」をクリックします。元ボリュームをリストから削除するには、その元ボリュームを選択して「削除」をクリックします。元ボリュームのリストが完成したら、「OK」をクリックします。
  4. 複数の元ボリュームがある場合、表示されている順番でバックアップが行われます。リストの順番を変更するには、クリックしてからドラッグします。

バックアップ先の設定

バックアップ元を指定した後、データの宛先バックアップセットを指定する必要があります。

  1. 「宛先」ボタンをクリックします。

    定義済みのバックアップセットがない場合には、「バックアップセット作成」ウィザードが起動します。新規バックアップセットの作成の説明に従って新規バックアップセットを作成します。新規バックアップセットが「バックアップセットの選択」ウィンドウに表示されます。

    定義済みのバックアップセットがある場合には、「バックアップセットの選択」ウィンドウが表示されます。

    146

    「更に」または「新規作成」をクリックして、他のバックアップセットにアクセスしたり、新規バックアップセットを作成したりすることができます。

  2. 1 つまたは複数のバックアップセットを選択して、「OK」をクリックします。
  3. 追加の宛先を選択するには「追加」をクリックします。バックアップセットをリストから削除するには、そのバックアップセットを選択して「削除」をクリックします。宛先のリストが完成したら、「OK」をクリックします。

バックアップするファイルの選択

デフォルトでは、元ボリュームのすべてのファイル(キャッシュファイルを除く)が選択されます。別の定義済みセレクタを選択したり、カスタムセレクタを作成して、一部のファイルだけを選択することもできます。

  1. 「選択」ボタンをクリックします。

    147

  2. セレクタをクリックしたら、「OK」をクリックします。

    「追加選択」をクリックして、Retrospect のファイル選択基準を使用して、カスタムセレクタを作成することもできます。セレクタについては、セレクタの使い方を参照してください。

  3. セレクタは、どのファイルがバックアップの対象となるかを決めるのに使用されるもので、実際にコピーされるファイルを決めるものではありません。たとえば、「すべてのファイル」を選択した場合、元ボリュームのファイルと宛先バックアップセットの既存ファイルとが比較された後、新規のファイルまたは変更されたファイルだけがコピーされます。
  4. バックアップ実行オプションの設定

    「オプション」ボタンをクリックすると、検証、データ圧縮などのオプションのオン、オフを切り替えるためのオプションウィンドウが表示されます。オプションについての詳細は、実行オプションで説明します。

    実行ユニットの設定

    お持ちの Retrospect が複数同時実行に対応した製品である場合には、この操作に使用する実行ユニットを指定(または「任意の実行ユニット」を選択)できます。概要ウィンドウのリストボックスで選択を行います。詳しくは、実行ユニットの割り当てを参照してください。

    バックアップスクリプト設定の編集

    バックアップスクリプトを編集するには、ナビゲーションバーで「自動化」>「スクリプトの管理」を選択します。「スクリプト」ウィンドウで編集するスクリプトを選択し、「編集」をクリックします。

    148

    スクリプト設定がウィザードモードに表示された場合は、「高度な設定モードに切り替える」をクリックすれば、高度な設定モードに表示されます。

    設定を変更する場合は、元ボリューム、宛先、ファイル選択基準、オプション、およびスケジュールを、適切なボタンをクリックして変更します。高度な設定モードでの設定の編集方法は、最初に設定したときの方法とほとんど同じです。詳しくは、高度な設定モードでのバックアップスクリプトの作成を参照してください。

    ウィザードモードで設定を編集するには、「ウィザードモードに変更」をクリックします。詳しくは、高度な設定モードからウィザードモードへの切り替えを参照してください。

高度な設定モードからウィザードモードへの切り替え

バックアップスクリプトの設定は、作成時と同じモードで編集することが Retrospect, Inc. 推奨されます。モードを切り替えることは可能ですが、ウィザードモードに存在しない高度なオプションが、Retrospect でどのように扱われるかを理解しておくことが重要です。

高度な設定モードの概要ウィンドウで「ウィザードモードに変更」をクリックすれば、必要に応じて随時、ウィザードモードに戻ることができます。

高度な設定モードで設定を編集した場合は、モードの切り替え前に変更を保存するかどうかが尋ねられます。

149

設定を変更していない場合は、ウィザードモードの「ようこそ」画面に切り替わり、現在の複製設定の概要が表示されます。

高度な設定モードには、ウィザードモードでは利用できないオプションが含まれるため、ウィザードモードへの切り替え時には、これらのオプションの設定を保持するか、あるいは破棄する必要があります。対象となる主なオプションは次のとおりです。

セレクタ

高度な設定モードには、ウィザードモードでは利用できない、いくつかの高度な組み込みセレクタがあります。さらに、高度な設定モードでは、カスタムセレクタを作成し、使用することもできます。

ウィザードモードにないセレクタを選択した後、「ウィザードモードに変更」をクリックすると、それらの高度なセレクタはそのまま保持され、バックアップスクリプトの実行時に適用されます。

そのような場合、ウィザードモードの「複製ウィザードへようこそ」画面には、「選択」フィールドに(高度な設定モードで作成されました)というメッセージが表示されます。

150

また、バックアップ設定を編集すると、「バックアップするファイルの種類は何ですか?」画面に、新しいオプションが表示されます。

151

  • 高度なセレクタを保持するには、「高度な設定モードの選択を保持」を選択します。
  • 高度なセレクタを破棄して新しいセレクタを使用する場合は、「次を選択」を選択し、新しいオプションを選択します。

実行オプション

高度な設定モードには、ウィザードモードでは利用できない多数の実行オプションがあります。

圧縮実行オプションはウィザードモード、高度な設定モードのどちらでも利用できます。このオプションにどちらかのモードで変更を加えると、その変更は他のモードにも反映されます。

ウィザードモードにない実行オプションを選択した後、「ウィザードモードに変更」をクリックすると、それらの高度な実行オプションはそのまま保持され、バックアップスクリプトの実行時に適用されます。

ウィザードモードの「バックアップウィザードへようこそ」画面には、バックアップスクリプトに高度な実行オプションが含まれているかどうかは明示されません。高度な実行オプションの有無を調べるには、いったん高度な設定モードに切り替えて、「オプション」の設定を確認する必要があります。

バックアップセット

高度な設定モードでは、ファイルバックアップセットを宛先として選択できます。ウィザードモードでは、ファイルバックアップセットは利用できません。

ファイルバックアップセットは単独のファイルをバックアップする手段として最適ですが、それ以外の用途にはディスクバックアップセットの方がより多くの利点があります。

ファイルバックアップセットを宛先として選択した後、「ウィザードモードに変更」をクリックすると、宛先の選択全体が破棄されます

そのような場合、ウィザードモードの「バックアップウィザードへようこそ」画面には、「宛先」フィールドに(宛先が選択されていません)というメッセージが表示されます。

152

「次へ」をクリックすると、ウィザードによって宛先が破棄され、新しい宛先の選択が必要になります。引き続きファイルバックアップセットを宛先として使用するには、「高度な設定モードに切り替える」をクリックします。

高度な設定モードでは、種類の異なる複数のバックアップセットを宛先として選択できます。たとえば、テープバックアップセットと CD/DVD バックアップセットを宛先として指定することが可能です。ウィザードモードでは、種類の異なるバックアップセットを宛先として選択することはできません。

種類の異なる複数のバックアップセットを宛先として選択した後、「ウィザードモードに変更」をクリックすると、最初の 1 つを除く全バックアップセットが破棄されます。

スケジュール

高度な設定モードには、ウィザードモードでは利用できないスケジュールオプションがあります。たとえば、種類の異なる複数のスケジュールを作成したり、1 つのスクリプトに複数のスクリプトを作成したり、あるいはスケジュールのバックアップ動作を指定することができます。詳しくは、スクリプトのスケジュール作成を参照してください。

ウィザードモードで利用できないスケジュールオプションを指定した後、「ウィザードモードに変更」をクリックしても、それらのオプションは保持されます。

そのような場合、ウィザードモードの「バックアップウィザードへようこそ」画面には、(高度な設定モードで作成されました)という文字列が「スケジュール」フィールドに表示され、さらにスケジュールがウィザードモードで編集できないことを知らせるメッセージも表示されます。

153

また、バックアップ設定を編集すると、「いつバックアップしますか?」画面に、新しいオプションが表示されます。

154

  • 高度な設定モードで設定したスケジュールを保持する場合は「既存のスケジュールを維持」を選択します。
  • 高度な設定モードで設定したスケジュールを破棄し、スケジュールを持たないスクリプトを設定する場合は「スケジュールなし」を選択します。
  • 高度な設定モードで設定したスケジュールを破棄し、新たにスケジュールを設定する場合は「現在のスケジュールを変更」を選択します。

実行ユニット

お持ちの Retrospect が複数同時実行に対応した製品の場合、バックアップスクリプトに使用する実行ユニットを、高度な設定モードで指定できます。

特定の実行ユニット(「任意の実行ユニット」以外)を選択して「ウィザードモードに変更」をクリックすると、実行ユニットの情報はそのまま保持され、選択した実行ユニットがバックアップスクリプトの実行時に使用されます。

ウィザードモードの「バックアップウィザードへようこそ」画面には、スクリプトで特定の実行ユニットが選択されているかどうかは明示されません。特定の実行ユニットが選択されているかどうかを調べるには、いったん高度な設定モードに切り替えて設定を確認する必要があります。

スクリプトによる複製

複製スクリプトは、ハードディスク、フォルダ、またはファイルを、あるボリュームから別のボリュームに無人状態でコピーする場合に便利です。たとえば、複製スクリプトを使用して、毎週末にローカルフォルダから共有ファイルサーバに自動コピーすることが可能です。

複製スクリプトは「スクリプトの管理」コマンドを使って、2 通りの方法で設定できます。1 つは Retrospect の複製ウィザードで指示に従いながら、手順を追って設定する方法、もう 1 つは高度な設定モードで、自分の判断に基づいて設定する方法です。高度な設定モードでは、ウィザードにはないオプションが利用できます。詳しくは、以下を参照してください。

ウィザードモードでの複製スクリプトの作成

複製ウィザードを使えば、複製スクリプトの設定と変更を、容易に行うことができます。複製ウィザードを開始するには、ナビゲーションバーの「自動化」をクリックして、「スクリプトの管理」ボタンをクリックします。スクリプト編集ウィンドウが表示されます。

「新規」ボタンをクリックして、新規スクリプトの作成を開始します。スクリプト選択ウィンドウが表示されます。

155

リストから「複製」を選択して、「OK」をクリックします。スクリプト命名ウィンドウで、名前を入力して「OK」をクリックします。「複製ウィザードへようこそ」画面が表示されます。

高度な設定モードの複製スクリプトの概要画面が表示された場合は、「ウィザードモードへ切り替える」をクリックしてください。

「ようこそ」画面

複製スクリプトを今回初めて設定する場合は、「次へ」をクリックして複製ウィザードでの設定を続行します。高度な設定モードで複製を設定するには、「高度な設定モードに切り替える」をクリックします。詳しくは、高度な設定モードでの複製スクリプトの作成を参照してください。

複製スクリプトを以前に設定したことがあれば、「複製ウィザードへようこそ」画面に現在の設定が表示されます。詳しくは、複製スクリプト設定の編集を参照してください。

複製対象の選択

複製するドライブまたはフォルダを選択します。

156

ドライブやフォルダを 1 つ選択すると、それまで選択していたドライブやフォルダが選択解除されます。

この画面のリストに含まれるあらゆるコンテナ(マイコンピュータ、マイ ネットワーク、バックアップクライアント、元ボリュームグループ)内のドライブとフォルダを選択できます。

  • Retrospect クライアントを「バックアップクライアント」コンテナに追加するには、「クライアントの追加」をクリックします。
  • ネットワークボリュームを「マイネットワーク」コンテナに追加するには、「ネットワークボリュームの追加」をクリックします。
  • ドライブ内のフォルダを表示するには、ドライブを選択して「フォルダの表示」をクリックします。

詳しくは、コンテナを参照してください。

複製するファイルの種類の選択

複製するファイルの種類に応じて、該当する各チェックボックスを選択します。すべてのチェックボックスを選択すると、すべてのファイル(キャッシュファイルを除く)が複製されます。

これらのオプションの一部は、Windows、Mac OS、Linux で動作が異なります。以下の説明では、これらのオプションを Windows コンピュータで使用する方法に焦点を当てています。その他のオペレーティングシステムで、これらのオプションを使用する方法については、組み込みセレクタを参照してください。

157

  • 「ドキュメントと設定」は、Documents and Settings フォルダ内のファイルを複製します。このフォルダ内には、各ユーザの「マイドキュメント」、「お気に入り」、「Application Data」、「デスクトップ」などのフォルダがあります。
  • Windows 9x システムの場合は、「ドキュメントと設定」を選択すると「Profiles」フォルダが複製されます。
  • 「オペレーティングシステムとアプリケーション」は、Windows フォルダやシステム状態などのシステムファイルを複製します。また、アプリケーションファイル(「Program Files」フォルダ内の項目を含む)、および元ボリュームの各所にある、既知のアプリケーション拡張子(.exe、.dll など)を持つ各ファイルも複製します。
  • 「オペレーティングシステムとアプリケーション」を複製しない選択をすると、Retrospect はデフォルトの実行オプションのうちいくつかを変更します。Retrospect は「Duplicate System State」と「Duplicate folder security information for workstations」オプションの両方をオフにします。詳しくはWindows システムオプションおよびWindows セキュリティオプションを参照してください。
  • 「写真」は、各ユーザの「マイドキュメント」フォルダ内の、「My Pictures」フォルダにあるすべてのファイルを複製します。また、ディスク上の各所にある、一般的な画像ファイル拡張子(.jpg など)を持つ各ファイルも複製します(「Windows」フォルダと「Program Files」フォルダ内のファイルを除く)。
  • 「音楽」は、各ユーザの「マイドキュメント」フォルダ内の、「My Music」フォルダにあるすべてのファイルを複製します。また、元ボリュームの各所にある、一般的な音楽ファイル拡張子(.mp3 など)を持つ各ファイルも複製します(「Windows」フォルダと「Program Files」フォルダ内のファイルを除く)。
  • 「動画」は、各ユーザの「マイドキュメント」フォルダ内の、「My Videos」フォルダにあるすべてのファイルを複製します。また、元ボリュームの各所にある、一般的な動画ファイル拡張子(.mov など)を持つ各ファイルも複製します(「Windows」フォルダと「Program Files」フォルダ内のファイルを除く)。
  • 「Officeドキュメント」は、元ボリュームの各所にある Microsoft Office 文書、Microsoft Outlook データ、および Adobe PDF ファイルを複製します(「Windows」フォルダと「Program Files」フォルダ内のファイルを除く)。
  • 「その他すべてのファイル」は、他のオプションで選択されない全ファイルを複製します。
  • 「ドキュメントと設定」および「オペレーティングシステムとアプリケーション」は、フォルダを複製する際には利用できません。

宛先の選択

ファイルの複製先となるドライブまたはフォルダを選択します。

  • 複製先として、複製元のドライブやフォルダを選択することはできません。1 つのドライブ上で別のフォルダに複製したり、別のドライブにある同じ名前のフォルダに複製することは可能です

この画面にある「フォルダの追加」、「ネットワークボリュームの追加」、「フォルダの表示」各ボタンの機能は、「何を複製しますか?」画面の同じ名前のボタンと共通です。詳しくは、複製対象の選択を参照してください。

「次へ」をクリックすると、宛先のフォルダまたはドライブの内容が、選択した複製ファイルによって完全に置き換えられることを通知する警告ダイアログボックスが表示されます。

158

複製先に重要なファイルがいっさい存在しないことを、複製の実行前に確認してください。複製先の既存ファイルは、選択した複製ファイルによって置き換えられ、すべて失われてしまいます。万全を期するため、復元先ドライブに新しいフォルダを作成して、その中に複製する方法もあります。

「置き換える」をクリックすると警告ダイアログボックスが閉じ、複製スクリプトの設定が継続されます。

スケジュール作成の有無の選択

スクリプトのスケジュールは、作成するかどうかを選択できます。

スケジュールを作成しない場合も、スクリプトは必要になったときに手動で実行できます。詳しくは、スクリプトの手動実行を参照してください。スケジュールは、後でスクリプトに追加することもできます。

選択を行って「次へ」をクリックします。

スケジュールを持つスクリプトを編集するときには、利用できるオプションに「既存のスケジュールを維持」が追加されます。

複製タイミングの選択

スクリプトを実行する曜日のチェックボックスを選択し、さらにスクリプトの実行を開始する時刻を指定します。

159

Retrospect では使用中のコンピュータも複製できますが、通常の営業時間後にスクリプトを実行すれば、使用中のコンピュータの数を減らすことができます。

複製設定の確認

「複製の概要」画面には、ウィザードで指定した複製スクリプトの設定が表示されます。

160

  • 「コピー元」には、複製するドライブやフォルダが一覧されます。
  • 「選択」には、複製するファイルの種類が一覧されます。
  • 「宛先」には、データのコピー先となるドライブまたはフォルダの名前が表示されます。
  • 「スケジュール」には、複製スクリプトが実行される曜日と時刻が一覧されます。

複製スクリプトの設定を変更するには、「前へ」をクリックします。

スクリプトの設定を保存するには、「完了」をクリックします。スクリプト設定を保存して、ただちにスクリプトを実行するには、「今すぐバックアップ」チェックボックスをチェックして「終了」をクリックします。

複製を実行すると、複製先の既存ファイルが削除されることがあります。複製先の既存ファイルは、選択した複製ファイルによって置き換えられ、すべて失われてしまいます。複製先に重要なファイルが存在しないことを、複製の実行前に確認してください。

複製スクリプト設定の編集

複製スクリプトを編集するには、ナビゲーションバーで「自動化」>「スクリプトの管理」を選択します。「スクリプト」ウィンドウで編集するスクリプトを選択し、「編集」をクリックします。

スクリプト設定が高度な設定モードで表示された場合は、「ウィザードモードへ切り替える」をクリックすれば、ウィザードモードで表示されます。

設定を編集するには、「この設定を変更」を選択して「次へ」をクリックします。ウィザードモードでの設定の編集方法は、最初に設定したときの方法とほとんど同じです。詳しくは、ウィザードモードでの複製スクリプトの作成を参照してください。

現在のスクリプト設定で複製を実行するには、「この設定で今すぐ複製」を選択して「今すぐ開始」をクリックします。

高度な設定モードで設定を編集するには、「高度な設定モードに切り替える」をクリックします。詳しくは、ウィザードモードから高度な設定モードへの切り替えを参照してください。

ウィザードモードから高度な設定モードへの切り替え

ウィザードモードに含まれていない詳細オプションを使用するには、「複製ウィザードへようこそ」画面で「高度な設定モードに切り替える」をクリックします。

複製スクリプトが未設定の場合も、高度な設定モードでの複製スクリプトの作成で説明されている手順で、高度な設定モードを利用できます。

複製スクリプトをすでに設定している場合、その設定は Retrospect に記憶されており、高度な設定モードの概要ウィンドウに表示されます。

  • 高度な設定モードでは、ウィザードモードのすべてのオプションが利用できます。ウィザードから高度な設定モードに切り替えると、これらのオプションの設定も、対応するオプションに直接反映されます。

高度な設定モードでの複製スクリプトの作成

高度な設定モードには、ウィザードモードでは利用できない、いくつかの強力なオプションがあります。高度な設定モードに特有の機能は次のとおりです。

  • より多くの組み込みセレクタ
  • カスタムセレクタの作成と適用
  • 複製方法の選択
  • 複数のカスタムスケジュールの作成
  • ウィザードモードで利用できない多数のオプション

この項では、複製スクリプトを定義する手順を説明します。

以下で説明するように、スケジュールと保存の手順はすべてのスクリプトで同じです。

複製スクリプトの作成

  1. ナビゲーションツールバーから、「自動化」をクリックしてから、「スクリプトの管理」ボタンをクリックします。

    スクリプト編集ウィンドウが表示されます。

  2. 「新規」ボタンをクリックして、新規スクリプトの作成を開始します。

    スクリプト選択ウィンドウが表示されます。

  3. リストから「複製」を選択して、「OK」をクリックします。

    スクリプト命名ウィンドウが表示されます。

  4. スクリプトの名前を入力して「新規」をクリックします。

    入力したスクリプト名がウィンドウに表示されます。

    161

    Retrospect の複製ウィザードが表示された場合は、「高度な設定モードに切り替える」をクリックしてください。

    この「スクリプト」ウィンドウは、基本複製の概要ウィンドウとほぼ同じで、元ボリューム、宛先ボリューム、ファイルの選択基準、オプションが表示されます。これはスクリプトであるため、スケジュール情報も含まれます。

  5. 内容を変更するには、以下の該当するボタンをクリックします。

「元ボリューム」では、元ボリュームを選択できます。

「宛先」では、宛先ボリュームを選択できます。」を参照してください。

「選択」では、セレクタを選択し、バックアップするファイルおよびフォルダを選択する条件を指定します。

「オプション」をクリックすると、検証機能、データ圧縮、その他のオプションのオン、オフを切り替えることのできるオプションウィンドウが表示されます。

「スケジュール」では、スクリプトの実行日時や間隔を指定します。

複製元の設定

新規スクリプトのため、「ボリュームが選択されていません。」と表示されます。

  1. 「元ボリューム」ボタンをクリックします。

    「ソース選択」ウィンドウが表示されます。

    162

  2. 複製元のボリュームを選択して「OK」をクリックします。

「ソース選択」ウィンドウの使い方については、ボリュームの操作を参照してください。

複製先の設定

複製操作の場合、宛先はバックアップセットではなくボリューム(元ボリューム以外)です。

  1. 「宛先」ボタンをクリックします。

    「宛先ボリューム選択」ウィンドウが表示されます。

    163

  2. ファイルのコピー先となるボリュームを選択します。
  3. リストボックスから複製方法(宛先ドライブの既存の内容に対する操作)を選択します。

    「ボリューム全体を置き換える」は、複製先ボリュームの内容全体を、複製元ボリュームの選択したファイルとフォルダで置き換えます。複製先ボリューム上に同一ファイルがある場合は複製されません。これは、デフォルトのオプションです。

    「対応するファイルと置き換える」は、選択したファイルとフォルダを複製先ボリュームにコピーします。複製元ボリュームと複製先ボリュームの双方に同じファイルが存在する場合は、常に複製先のファイルが上書きされます。要複製のマークの付いたファイルとまったく同じファイル、および要複製のマークの付いたファイルとファイル名および場所が一致しないファイルは、いっさい変更されません。

    「複製元ファイルが新しい場合のみ置き換える」は、選択したファイルとフォルダを複製先ボリュームにコピーします。複製元ボリュームと複製先ボリュームの双方に存在するファイルについては、複製元のファイルが新しい場合のみ、複製先のファイルが上書きされます。要複製のマークの付いたファイルとまったく同じファイル、および要複製のマークの付いたファイルとファイル名および場所が一致しないファイルは、いっさい変更されません。

    「存在しないファイルのみ複製する」は、選択したファイルとフォルダのうち、複製先ボリュームに存在しないものだけをコピーします。複製先ボリュームにあるファイルとフォルダは、いっさい変更されません。

  4. 複製操作では、宛先ボリューム上の既存ファイルが置き換えられたり、削除されたりすることがあります。設定を継続する前に、重要なファイルを上書きしたり、削除することがないように確認してください。
  5. 宛先ボリュームの選択が完了したら、「OK」をクリックします。
  6. 複製するファイルの選択

    デフォルトでは、元ボリュームのすべてのファイル(キャッシュファイルを除く)が選択されます。別の定義済みセレクタを選択したり、カスタムセレクタを作成して、一部のファイルだけを選択することもできます。

    1. 「選択」ボタンをクリックします。
    2. セレクタをクリックしたら、「OK」をクリックします。

      「追加選択」をクリックして、Retrospect のファイル選択基準を使用して、カスタムセレクタを作成することもできます。セレクタについては、セレクタの使い方を参照してください。

    3. セレクタは、どのファイルが複製の対象となるかを決めるのに使用されるもので、実際にコピーされるファイルを決めるものではありません。たとえば、「すべてのファイル」を選択した場合、元ボリュームの全ファイルと宛先ボリュームの既存ファイルとが比較されます。一致するファイルは、元ボリュームから宛先ボリュームにコピーされません。

    複製実行オプションの設定

    「オプション」ボタンをクリックすると、検証、バックアップレポートの更新、その他のオプションを設定できるオプションウィンドウが表示されます。オプションについての詳細は、実行オプションで説明します。たとえば、ファイルを元ボリュームから宛先に単にコピーするのではなく、移動するオプションなどがあります

    実行ユニットの設定

    お持ちの Retrospect が複数同時実行に対応した製品である場合には、この操作に使用する実行ユニットを指定(または「任意の実行ユニット」を選択)できます。概要ウィンドウのリストボックスで選択を行います。詳しくは、実行ユニットの割り当てを参照してください。

    複製スクリプト設定の編集

    複製スクリプトを編集するには、ナビゲーションバーで「自動化」>「スクリプトの管理」を選択します。「スクリプト」ウィンドウで編集するスクリプトを選択し、「編集」をクリックします。

    164

    スクリプト設定がウィザードモードに表示された場合は、「高度な設定モードに切り替える」をクリックすれば、高度な設定モードに表示されます。

    設定を変更する場合は、元ボリューム、宛先、ファイル選択基準、オプション、およびスケジュールを、適切なボタンをクリックして変更します。高度な設定モードでの設定の編集方法は、最初に設定したときの方法とほとんど同じです。詳しくは、高度な設定モードでの複製スクリプトの作成を参照してください。

    ウィザードモードで設定を編集するには、「ウィザードモードに変更」をクリックします。詳しくは、高度な設定モードからウィザードモードへの切り替えを参照してください。

高度な設定モードからウィザードモードへの切り替え

複製スクリプトの設定は、作成時と同じモードで編集することが Retrospect, Inc. 推奨されます。モードを切り替えることは可能ですが、ウィザードモードに存在しない高度なオプションが、Retrospect でどのように扱われるかを理解しておくことが重要です。

高度な設定モードの概要ウィンドウで「ウィザードモードに変更」をクリックすれば、必要に応じて随時、ウィザードモードに戻ることができます。

高度な設定モードでスクリプトを編集した場合は、モードの切り替え前に変更を保存するかどうかが尋ねられます。

165

スクリプト設定を変更していない場合は、ウィザードモードの「複製ウィザードへようこそ」画面に切り替わり、現在の複製設定の概要が表示されます。

高度な設定モードには、ウィザードモードでは利用できないオプションが含まれるため、ウィザードモードへの切り替え時には、これらのオプションの設定を保持するか、あるいは破棄する必要があります。対象となる主なオプションは次のとおりです。

複製方法

高度な設定モードで宛先を選択する際には、ファイルの複製に使用する方法を指定できます。次のいずれかの方法を選択できます。

  • ボリューム全体を置き換える
  • 対応するファイルと置き換える
  • 複製元ファイルが新しい場合のみ置き換える
  • 存在しないファイルのみ複製する

ウィザードモードでは複製方法は指定できません。常に「ボリューム全体を置き替える」が使用されます。

それぞれの複製方法の違いについての詳細は、複製先の設定を参照してください。

セレクタ

高度な設定モードには、ウィザードモードでは利用できない、いくつかの高度な組み込みセレクタがあります。さらに、高度な設定モードでは、カスタムセレクタを作成し、使用することもできます。

ウィザードモードにないセレクタを選択した後、「ウィザードモードに変更」をクリックすると、それらの高度なセレクタはそのまま保持され、複製の実行時に適用されます。

そのような場合、ウィザードモードの「複製ウィザードへようこそ」画面には、「選択」フィールドに(高度な設定モードで作成されました)というメッセージが表示されます。

166

また、複製設定を編集すると、「複製するファイルの種類は何ですか?」画面に、新しいオプションが表示されます。

167

  • 高度なセレクタを保持するには、「高度な設定モードの選択を保持」を選択します。
  • 高度なセレクタを破棄して新しいセレクタを使用する場合は、「次を選択」を選択し、新しいオプションを選択します。

実行オプション

高度な設定モードには、検証などウィザードモードでは利用できない多数の実行オプションがあります。

ウィザードモードにない実行オプションを選択した後、「ウィザードモードに変更」をクリックすると、それらの高度な実行オプションはそのまま保持され、複製の実行時に適用されます。

ウィザードモードの「複製ウィザードへようこそ」画面には、高度な実行オプションが複製に含まれているかどうかは明示されません。高度な実行オプションの有無を調べるには、いったん高度な設定モードに切り替えて、「オプション」の設定を確認する必要があります。

スケジュール

高度な設定モードには、ウィザードモードでは利用できないスケジュールオプションがあります。たとえば、種類の異なる複数のスケジュールを作成したり、1 つのスクリプトに複数のスクリプトを作成することができます。詳しくは、スクリプトのスケジュール作成を参照してください。

ウィザードモードで利用できないスケジュールオプションを指定した後、「ウィザードモードに変更」をクリックしても、それらのオプションは保持されます。

そのような場合、ウィザードモードの「バックアップウィザードへようこそ」画面には、(高度な設定モードで作成されました)という文字列が「スケジュール」フィールドに表示され、さらにスケジュールがウィザードモードで編集できないことを知らせるメッセージも表示されます。

168

また、バックアップ設定を編集すると、「いつ複製しますか?」画面に、新しいオプションが表示されます。

169

  • 高度な設定モードで設定したスケジュールを保持する場合は「既存のスケジュールを維持」を選択します。
  • 高度な設定モードで設定したスケジュールを破棄し、スケジュールを持たないスクリプトを設定する場合は「スケジュールなし」を選択します。
  • 高度な設定モードで設定したスケジュールを破棄し、新たにスケジュールを設定する場合は「現在のスケジュールを変更」を選択します。

実行ユニット

お持ちの Retrospect が複数同時実行に対応した製品の場合、複製スクリプトに使用する実行ユニットを、高度な設定モードで指定できます。

特定の実行ユニット(「任意の実行ユニット」以外)を選択して「ウィザードモードへ切り替える」をクリックすると、実行ユニットの情報はそのまま保持され、選択した実行ユニットが複製スクリプトの実行時に使用されます。

ウィザードモードの「複製ウィザードへようこそ」画面には、スクリプトで特定の実行ユニットが選択されているかどうかは明示されません。特定の実行ユニットが選択されているかどうかを調べるには、いったん高度な設定モードに切り替えて設定を確認する必要があります。

スクリプトによるアーカイブ

アーカイブによって、ほとんど使用しないファイルをハードディスクから削除し、そのファイルのコピーをストレージメディアで保管することができます。

アーカイブスクリプトの作成方法と使い方は、バックアップスクリプトとほとんど同じです。

詳しくは、高度な設定モードでのバックアップスクリプトの作成を参照してください。

この項では、アーカイブスクリプトとバックアップスクリプトの違いについて説明します。

アーカイブスクリプトはバックアップスクリプトと似ていますが、主に以下の 3 つの違いがあります。

  • バックアップスクリプトは複数の宛先バックアップセットに対応しますが、アーカイブスクリプトは 1 つの宛先バックアップセットのみに対応します。
  • アーカイブスクリプトには、バックアップスクリプトでは利用できない追加のオプションがあります。アーカイブスクリプトの場合、ファイルを元ボリュームから宛先へ単にコピーするのではなく、移動することができます。「ファイル移動」オプションについて詳しくは、アーカイブ実行オプションを参照してください。
  • アーカイブスクリプトは、デフォルトでは、選択したファイルをすべて元ボリュームから宛先へコピー(または移動)します。バックアップスクリプトのデフォルトでは、宛先にまだ存在しないファイル、または前回のコピー以降に修正されているファイルのみがコピーされます。
  • どちらの場合も、一致ファイルの扱いを変更することで、デフォルトの動作を変更できます。詳しくは、照合実行オプションを参照してください。

アーカイブに関するその他の情報については、アーカイブに関するヒントを参照してください。

スクリプトによる復元

通常、いつファイルを復元する必要が生じるかは前もってわかりませんが、復元スクリプトが役に立つ状況はいくつかあります。たとえば学校のコンピュータラボで、共通の元ボリュームからハードディスクを毎晩復元する場合に使用する復元スクリプトを作成できます。

復元スクリプトの定義手順は、以下のとおりです。

以下で説明するように、スケジュールと保存の手順はすべてのスクリプトで同じです。

復元スクリプトの作成

  1. ナビゲーションツールバーから、「自動化」をクリックしてから、「スクリプトの管理」ボタンをクリックします。

    スクリプト編集ウィンドウが表示されます。

  2. 「新規」ボタンをクリックして、新規スクリプトの作成を開始します。

    スクリプト選択ウィンドウが表示されます。

  3. リストから「復元」を選択して、「OK」をクリックします。

    スクリプト命名ウィンドウが表示されます。

  4. スクリプトの名前を入力して「新規」をクリックします。

    入力したスクリプト名がウィンドウに表示されます。

    170

    この「スクリプト」ウィンドウは、基本復元の概要ウィンドウとほぼ同じで、元バックアップセット、宛先ボリューム、ファイルの選択基準、オプションが表示されます。これはスクリプトであるため、スケジュール情報も含まれます。

  5. 内容を変更するには、以下の該当するボタンをクリックします。

「元ボリューム」では、復元元のバックアップセットと関連するスナップショットを指定できます。

「宛先」では、宛先ボリュームを選択できます。

「選択」では、セレクタを選択し、復元するファイルおよびフォルダを選択する条件を指定します。

「オプション」では、さまざまなオプションを指定できます。たとえば、復元されたすべてのファイルの「修正日」を現在の日時に自動変更することができます。

「スケジュール」では、スクリプトの実行日時や間隔を指定します。

復元元の設定

これは新しいスクリプトなので、スクリプトのサマリウインドウには「バックアップセットが選ばれていません」というメッセージが表示されます。

  1. 「元ボリューム」をクリックして、バックアップセットとそのスナップショットがリスト表示されたウィンドウを表示します。

    171

  2. このウィンドウの上部で、復元元にするスナップショットが含まれるバックアップセットを選択します。
  3. 探しているバックアップセットがリストに表示されていない場合、「更に」ボタンをクリックし、追加のバックアップセットのカタログファイルを開くか再作成してそのバックアップセットにアクセスします。
  4. ウィンドウの下部で、スナップショットを選択します。

    各スナップショットの日時が表示されています。

  5. 探しているスナップショットがリストに表示されていない場合、「スナップショットを追加」ボタンをクリックして、ストレージメディアから追加のスナップショットを取り込みます。
  6. 「OK」をクリックして続けます。
  7. バックアップセットおよびスナップショットの日時、およびボリューム名がスクリプトウィンドウにリスト表示されます。

復元先の設定

これは新しいスクリプトなので、スクリプトのウィンドウには「ボリュームが選ばれていません」というメッセージが表示されます。

  1. 「宛先」ボタンをクリックします。

    「宛先ボリューム選択」ウィンドウが表示されます。

    172

  2. ファイルの復元先となるボリュームを選択します。
  3. リストボックスから復元方法を選択します。

    「ボリューム全体を復元」は、宛先ボリュームのディスクを、復元元のスナップショットと完全に同じ状態にします。これは、復元対象としてマークされたものと一致しないファイルおよびフォルダを宛先ボリュームから削除し、マークされたファイルと同じファイルは現状のまま残します。それ以外のすべてのファイルとフォルダは、フォルダ階層を維持したまま、スナップショットから宛先ボリュームにコピーします。これは「ボリューム全体を復元」を選択した場合の、デフォルトの復元処理です。スナップショットと宛先ボリュームがどちらもシステムボリュームの場合、このオプションを選択すると、レジストリとシステム情報もデフォルトでスナップショットから復元されます。

    オペレーティングシステムのクラッシュを防止するために、「ボリューム全体を復元」ではアクティブな Windows システムを削除しません。また、Mac OS クライアントの起動用のシステムフォルダも削除しません。

    「対応するファイルと置き換える」は、選択したすべてのファイルをスナップショットから復元します。復元元のスナップショットと宛先ボリュームの双方に存在するファイルについては、宛先ボリュームのファイルが上書きされます。宛先ボリュームにある対応するファイル(同一のファイル)は、スナップショットのファイルより古いかどうかに関係なく、常にスナップショットから取り込まれたファイルで上書きされます。ファイルが要復元のマークの付いたファイルと同一の場合、またはこれらのファイルへのパスが一致しない場合には、それらのファイルはそのまま残ります。このオプションを選択し、さらに「システム状態の復元」実行オプションを選択すると、レジストリとシステム状態情報がスナップショットから復元されます(スナップショットと宛先ボリュームがどちらもシステムボリュームの場合)。

    「バックアップが新しい場合のみ置き換える」は、スナップショットから選択したファイルのうち、宛先ボリュームに存在しないすべてのファイルを復元し、宛先ボリュームとスナップショットの双方に存在するファイルについては、スナップショットのファイルが新しい場合のみ、宛先ボリュームのファイルを上書きします。このオプションを選択し、さらに「システム状態の復元」実行オプションを選択すると、レジストリとシステム状態情報がスナップショットから復元されます(スナップショットと宛先ボリュームがどちらもシステムボリュームの場合)。

    「存在しないファイルのみ復元する」は、スナップショットから選択したファイルのうち、宛先ボリュームに存在しないすべてのファイルを復元します。宛先ボリュームの既存ファイルは上書きしません。宛先ボリュームとスナップショットの双方に存在するファイルは復元されず、宛先ボリュームのファイルがそのまま残されます。このオプションを選択し、さらに「システム状態の復元」実行オプションを選択すると、レジストリとシステム状態情報がスナップショットから復元されます(スナップショットと宛先ボリュームがどちらもシステムボリュームの場合)。

  4. レジストリとシステム状態だけを復元するには、「存在しないファイルのみ復元する」を選択し、さらに「選択したファイル」をクリックして、ファイルを 1 つも選択していないことを確認します。その後、「オプション」>「追加選択」をクリックして、「システム状態の復元」チェックボックスをチェックします。

    「ファイルとフォルダを復元する」は、宛先ボリューム上にバックアップセットと同じ名前を持つ新規フォルダを作成し、スナップショットから選択したすべてのファイルを、スナップショットのフォルダ階層を維持したまま、そのフォルダ内にコピーします。置き換えられたり、上書きされたりすることはありません。これは「ファイルとフォルダを復元する」を選択した場合の、デフォルトの復元処理です。このオプションでは、レジストリとシステム状態情報は復元されません。

    「ファイルのみ復元」は、宛先ボリューム上にバックアップセットと同じ名前を持つ新規フォルダを作成し、スナップショットから選択したすべてのファイルを、そのフォルダにコピーします。スナップショットのフォルダ階層は維持されません。置き換えられたり、上書きされたりすることはありません。このオプションでは、レジストリとシステム状態情報は復元されません。

  5. 「ボリューム全体を復元」や「対応するファイルと置き替える」、または「バックアップが新しい場合のみ置き換える」を実行すると、宛先ボリュームのデータが破壊されることがあります。これらのいずれかの方法を選択する場合は、宛先ボリューム上のファイルを削除したり、置き換えたりしてもかまわないことを確認してください。
  6. 「OK」をクリックします。

復元するファイルの選択

デフォルトでは、元バックアップセットのすべてのファイルが選択されます。事前定義済みの別のセレクタを選択したり、カスタムセレクタを作成して、全ファイルのサブセットを選択することができます。

  1. 「選択」ボタンをクリックします。
  2. セレクタをクリックしたら、「OK」をクリックします。

    「追加選択」をクリックして、Retrospect のファイル選択基準を使用して、カスタムセレクタを作成することもできます。セレクタについては、セレクタの使い方を参照してください。

  3. セレクタは、どのファイルが復元の対象となるかを決めるのに使用されるもので、実際に復元されるファイルを決めるものではありません。たとえば、「すべてのファイル」を選択した場合、元バックアップセットの全ファイルと宛先ボリュームの既存ファイルとが比較されます。一致するファイルは、元バックアップセットから宛先ボリュームにコピーされません。

復元実行オプションの設定

「オプション」ボタンをクリックして、オプションウィンドウを表示します。「追加選択」をクリックすると、実行オプションに詳しく説明されているさまざまなオプションを指定できます。

「日付の修正更新」オプションは、復元操作の場合にのみ利用できます。詳しくは、ファイル実行オプションを参照してください。

実行ユニットの設定

お持ちの Retrospect が複数同時実行に対応した製品である場合には、この操作に使用する実行ユニットを指定(または「任意の実行ユニット」を選択)できます。概要ウィンドウのリストボックスで選択を行います。詳しくは、実行ユニットの割り当てを参照してください。

スクリプトによるバックアップセット転送

1 つ以上のバックアップセット内のすべてのファイルとスナップショットを、新規または既存の 1 つのバックアップセットに定期的にコピーする必要がある場合は、バックアップセット転送スクリプトを作成して操作を自動化することができます。スナップショット転送スクリプトは、次の用途に使用できます。

  • バックアップセットのクローンの作成
  • メディアの不具合に対する予防措置
  • 運用環境外での保管
  • 新しいバックアップサイクルの開始
  • 複数のバックアップセットの一体化

バックアップセット転送スクリプトでは、転送元のファイルと転送先の既存ファイルがデフォルトで照合され、必要なファイルだけがコピーされます。転送先にすでに存在するスナップショットとファイルは、いっさい変更されません。

バックアップセット転送スクリプトには、プレビュー機能はありません。手作業でファイルを選択する代わりに、セレクタを使用しなければなりません。

バックアップセット間でファイルを転送するときは、両方のバックアップセットが同じタイプのメディアに存在する場合でも、それらのメディアを挿入するテープドライブや CD/DVD ドライブは別にする必要があります。ただし、ファイルバックアップセットの場合は、個別のバックアップデバイスという要件は適用されません。

バックアップセットごとに別のドライブを用意できない場合は、ディスクバックアップセットにファイルを一時的にコピーしてから、それを宛先バックアップセットにコピーすることができます。

バックアップセット転送スクリプトの作成手順は、以下のとおりです。

以下で説明するように、スケジュールと保存の手順はすべてのスクリプトで同じです。

バックアップセット転送スクリプトの作成

  1. ナビゲーションツールバーから、「自動化」をクリックしてから、「スクリプトの管理」ボタンをクリックします。

    スクリプト編集ウィンドウが表示されます。

  2. 「新規」ボタンをクリックして、新規スクリプトの作成を開始します。

    スクリプト選択ウィンドウが表示されます。

  3. リストから「バックアップセット転送」を選択して、「OK」をクリックします。

    スクリプト命名ウィンドウが表示されます。

  4. スクリプトの名前を入力して「新規」をクリックします。

    入力したスクリプト名がウィンドウに表示されます。

    173

    この「スクリプト」ウィンドウは、基本バックアップセット転送の概要ウィンドウとほぼ同じで、元バックアップセット、宛先バックアップセット、ファイルの選択基準、オプションが表示されます。これはスクリプトであるため、スケジュール情報も含まれます。

  5. 内容を変更するには、以下の該当するボタンをクリックします。

「元ボリューム」では、1 つ以上のバックアップセットを選択できます。

「宛先」では、宛先バックアップセットを選択できます。

「選択」では、セレクタを選択し、転送するファイルおよびフォルダを選択する条件を指定します。

「オプション」では、検証やデータ圧縮など、さまざまなオプションを指定できます。

「スケジュール」では、スクリプトの実行日時や間隔を指定します。

転送元バックアップセットの選択

これは新しいスクリプトなので、スクリプトの概要ウィンドウの「元ボリューム」の部分には「バックアップセットが選ばれていません」というメッセージが表示されます。

  1. 「元ボリューム」ボタンをクリックして、「バックアップセットの選択」ウィンドウを表示します。

    174

  2. 転送するデータが入ったバックアップセットを 1 つ以上選択します。

    探しているバックアップセットがリストに表示されていない場合、「更に」ボタンをクリックし、追加のバックアップセットのカタログファイルを開くか再作成してそのバックアップセットにアクセスします。

  3. バックアップセット転送スクリプトは、転送元のバックアップセットにあるすべてのスナップショットと関連ファイルを、転送先のバックアップセットにコピーします。この動作はスナップショット転送スクリプトとは異なります(スナップショット転送スクリプトでは、アクティブなスナップショットと関連ファイルだけがコピーされます)。詳しくは、スクリプトによるスナップショット転送を参照してください。
  4. 「OK」をクリックします。
  5. スクリプトウィンドウにそのバックアップセットがリスト表示されます。

転送先バックアップセットの選択

これは新しいスクリプトなので、スクリプトウィンドウの「宛先」部分には「バックアップセットが選ばれていません」というメッセージが表示されます。

  1. 「宛先」ボタンをクリックします。

    「バックアップセットの選択」ウィンドウが表示されます。

    175

  2. 宛先バックアップセットを選択します。

    すでに転送元として指定したバックアップセットだけが表示されるか、表示されているいずれのバックアップセットも、転送先として望ましくない場合は、「新規作成」をクリックして新規バックアップセットを作成します。詳しくは、新規バックアップセットの作成を参照してください。

  3. 宛先バックアップセットと元バックアップセットは、別のものでなければなりません。
  4. 「OK」をクリックします。

転送するファイルの選択

デフォルトでは、転送元バックアップセットのすべてのファイルが選択されます。事前定義済みの別のセレクタを選択したり、カスタムセレクタを作成して、全ファイルのサブセットを選択することができます。

  1. 「選択」ボタンをクリックします。
  2. セレクタをクリックしたら、「OK」をクリックします。

「追加選択」をクリックして、Retrospect のファイル選択基準を使用して、カスタムセレクタを作成することもできます。セレクタについては、セレクタの使い方を参照してください。

追加オプションの設定

Retrospect には、バックアップセット転送専用の複数の実行オプションがあります。

概要ウィンドウで「オプション」をクリックすると、スナップショットのコピー、検証、データ圧縮、元バックアップセットの置き換え、およびその他のオプションのデフォルト設定を変更できます。

176

これらのオプションの詳細は、転送実行オプションを参照してください。

「追加選択」ボタンをクリックして、他の実行オプションにアクセスします。詳しくは、実行オプションを参照してください。

実行ユニットの設定

お持ちの Retrospect が複数同時実行に対応した製品である場合には、このスクリプトに使用する実行ユニットを指定(または「任意の実行ユニット」を選択)できます。概要ウィンドウのリストボックスで選択を行います。詳しくは、実行ユニットの割り当てを参照してください。

スクリプトによるスナップショット転送

1 つ以上のバックアップセット内のスナップショットと関連ファイルを、新規または既存の 1 つのバックアップセットに定期的にコピーする必要がある場合は、スナップショット転送スクリプトを作成して操作を自動化することができます。スナップショット転送スクリプトは、次の用途に使用できます。

  • 代用フルバックアップによる新規バックアップセットの開始
  • 障害復旧用のオフラインバックアップセットの作成
  • フルバックアップによるバックアップサイクルの開始

スナップショット転送スクリプトは、いくつかの点でバックアップセット転送スクリプトとは異なります。具体的な相違点は次のとおりです。

  • アクティブなスナップショットだけが転送される(バックアップセット転送スクリプトではすべてのスナップショットが転送される)。
  • 転送するスナップショットをいくつかの方法で選択できる(バックアップセット転送スクリプトでは、常にすべてのスナップショットが転送される)。

スナップショット転送では、転送元のファイルと転送先の既存ファイルがデフォルトで照合され、必要なファイルだけがコピーされます。転送先にすでに存在するスナップショットとファイルは、いっさい変更されません。

スナップショット転送スクリプトには、プレビュー機能はありません。手作業でファイルを選択する代わりに、セレクタを使用しなければなりません。

バックアップセット間でスナップショットを転送するときは、両方のバックアップセットが同じタイプのメディアに存在する場合でも、それらのメディアを挿入するテープドライブや CD/DVD ドライブは別にする必要があります。ただし、ファイルバックアップセットの場合は、個別のバックアップデバイスという要件は適用されません。

各バックアップセットに個別のドライブがなくても、ハードディスク上のファイルバックアップセットにスナップショットを一時的にコピーしてから、それを宛先バックアップセットにコピーすることができます。

スナップショット転送と代用フル

スナップショット転送スクリプトにより、「代用フル」と呼ばれるバックアップを作成することができます。スナップショットが次のものに転送される時に代用フルが作成されます。

  • 新規バックアップセット
  • 「元カタログファイルを宛先カタログファイルと照合」オプションがオフの場合の既存バックアップセット

代用フルにより、たとえば最新のスナップショットだけを使用して既存のバックアップセットから新規のバックアップセットをすばやく得ることができます。これにより、Progressive バックアップの時間短縮効果を維持したまま、新しいバックアップサイクルを開始できます。それ以降の同じバックアップセットへのバックアップでは、新規ファイルと変更されたファイルだけがコピーされます。

転送の完了後、転送先バックアップセットには、フルバックアップした場合と同じデータが含まれます。つまり、時間のかかる実際のフルバックアップを実行することなく、同じ結果を得ることができます。

  • 代用フルバックアップの結果は、最新スナップショットの時点におけるフルバックアップの結果に等しくなります。それらのスナップショットの作成日時以降に作成または変更されたファイルや、最新スナップショットに含まれない古いバージョンのファイルは含まれていません。

代用フルは、1 つの連続したセッション内のすべてのファイルを含むバックアップセットを作成する場合にも有効です。これにより、ボリューム全体をより迅速に復元することができます。必要なファイルをすべて探すために複数のセッションを検索する必要がないからです。

スナップショット転送スクリプトの作成手順は、以下のとおりです。

以下で説明するように、スケジュールと保存の手順はすべてのスクリプトで同じです。

スナップショット転送スクリプトの作成

  1. ナビゲーションツールバーから、「自動化」をクリックしてから、「スクリプトの管理」ボタンをクリックします。

    スクリプト編集ウィンドウが表示されます。

  2. 「新規」ボタンをクリックして、新規スクリプトの作成を開始します。

    スクリプト選択ウィンドウが表示されます。

  3. リストから「スナップショット転送」を選択して、「OK」をクリックします。

    スクリプト命名ウィンドウが表示されます。

  4. スクリプトの名前を入力して「新規」をクリックします。

    入力したスクリプト名がウィンドウに表示されます。

    177

    この「スクリプト」ウィンドウは、「基本スナップショット転送の概要」ウィンドウとほぼ同じで、元バックアップセット、宛先バックアップセット、ファイルの選択基準、オプションが表示されます。これはスクリプトであるため、スケジュール情報も含まれます。

  5. 内容を変更するには、以下の該当するボタンをクリックします。

「元ボリューム」では、転送元のバックアップセットとスナップショットを指定できます。

「宛先」では、宛先バックアップセットを選択できます。

「選択」では、セレクタを選択し、転送するファイルおよびフォルダを選択する条件を指定します。

「オプション」では、検証やデータ圧縮など、さまざまなオプションを指定できます。

「スケジュール」では、スクリプトの実行日時や間隔を指定します。

スナップショット転送の転送元の選択

これは新しいスクリプトなので、スクリプトの概要ウィンドウの「元ボリューム」の部分には「バックアップセットが選ばれていません」というメッセージが表示されます。

  1. 「元ボリューム」ボタンをクリックして、ボリューム選択ウィンドウを表示します。

    178

  2. このボリューム選択ウィンドウ上部にあるリストで、転送するスナップショットを含むバックアップセットを選択します。

    探しているバックアップセットがリストに表示されていない場合、「更に」ボタンをクリックし、追加のバックアップセットのカタログファイルを開くか再作成してそのバックアップセットにアクセスします。

    ウィンドウの下のリストに、選択したバックアップセットのアクティブなスナップショットのリストが、スナップショットの日時とバックアップボリュームの名前と共に表示されます。

    スナップショットのリストが表示されるのは、以下のオプションのいずれかが選択されている場合です。「選択したスナップショット」または「選択した個々の元ボリュームの最新スナップショット」スナップショットが含まれているのは、横に日付が表示されているバックアップセットだけです。

    Retrospect はデフォルトで、カタログファイルに登録された最新のスナップショットをボリューム(またはサブボリューム)ごとに記憶しており、それらのスナップショットがアクティブと見なされます。スナップショットは新旧を問わず、すべてバックアップメディア(テープ、ディスク、または CD/DVD)に保存されます。バックアップやアーカイブの操作が正常に実行されると、カタログファイル内の古いスナップショットが新しいものに置き換えられます。古いスナップショットは、バックアップメディアにはそのまま残り、必要に応じて取り込むことができます。

  3. グルーミングが有効なディスクバックアップセットの場合は、グルーミングポリシーに従って、必要なスナップショットがカタログファイルに保存されます。たとえば、グルーミングポリシーで最新バックアップ 10 件を保存するように指定すると、ボリュームごとに 10 個のスナップショットがアクティブになります。さらに、手動でロックされたスナップショットもアクティブになります。
  4. 転送するスナップショットがリストに表示されない場合は、「スナップショットを追加」ボタンをクリックします。

    このリストには、選択したバックアップセット内のすべてのスナップショットが表示されます。スナップショットを選択して「取り込み」ボタンをクリックすると、バックアップセットのメディアから古いスナップショットがコピーされ、元ボリュームウィンドウのリストに追加されます(古いスナップショットの取り込みで、他のメディアの挿入が必要になることがあります)。追加したスナップショットはアクティブになります。

  5. すでに使用できる「スナップショット」を選択すると、「取り込み」ボタンは無効になります。
  6. 転送するスナップショットを 1 つ以上選択します。

    転送元のバックアップセットの選択後は、転送するスナップショットをいくつかの方法で選択できます。

  7. 「個々の元ボリュームの最新スナップショット」は最新のスナップショットと、アクティブなスナップショットのリスト内の各ボリューム(またはサブボリューム)に対し関連するファイルを転送します。つまり、スクリプト実行時点で最新のスナップショットがすべて転送されます。
  8. 「選択した個々の元ボリュームの最新スナップショット」は最新のスナップショットと、アクティブなスナップショットのリスト内で選択した各ボリューム(またはサブボリューム)に対し関連するファイルを転送します。つまり、スクリプト実行時点で最新の、選択したボリューム(またはサブボリューム)のスナップショットが転送されます。
  9. 「個々の元ボリュームの全アクティブスナップショット」はすべてのアクティブなスナップショットと関連するファイルを転送します。アクティブなスナップショットと元ボリュームのリストを表示するには、「選択したスナップショット」オプションを一時的に選択します。「個々の元ボリュームの全アクティブスナップショット」を再び選択してから「OK」をクリックしてください。古いスナップショットをアクティブにするには、「スナップショットを追加」をクリックします。
  10. 「選択したスナップショット」ではアクティブなスナップショットのリストから選択したスナップショット(および関連ファイル)だけが転送されます。複数のスナップショットを選択するには、Control キーまたは Shift キーを押しながらスナップショットをクリックします。古いスナップショットをアクティブにするには、「スナップショットを追加」をクリックします。

    バックアップセットのアクティブなスナップショットはバックアップを実行するたびに変化するため、「選択した個々の元ボリュームの最新スナップショット」オプションはスナップショット転送で非常に効果的です。

  11. スナップショット転送スクリプトでは、アクティブなスナップショットだけがコピーされます。すべてのスナップショットをコピーする場合は、バックアップセット転送スクリプトを使用してください。詳しくは、スクリプトによるバックアップセット転送を参照してください。
  12. 「OK」をクリックします。
  13. バックアップセットとスナップショットの情報が、ボリューム選択ウィンドウに表示されます。

    転送するスナップショットを追加するには、「追加」をクリックします。

    元ボリュームを削除するには、そのボリュームを選択して「削除」をクリックします。

    選択したバックアップセットとスナップショットに問題がなければ、「OK」をクリックします。

スナップショット転送の転送先の選択

これは新しいスクリプトなので、スクリプトウィンドウの「宛先」部分には「バックアップセットが選ばれていません」というメッセージが表示されます。

  1. 「宛先」ボタンをクリックします。

    「バックアップセットの選択」ウィンドウが表示されます。

    179

  2. 宛先バックアップセットを選択します。

    リストに表示されているいずれのバックアップセットも転送先として望ましくない場合は、「新規作成」をクリックして新規バックアップセットを作成します。詳しくは、新規バックアップセットの作成を参照してください。

  3. 「OK」をクリックします。

転送するファイルの選択

デフォルトでは、選択したスナップショット内のすべてのファイルが、転送先バックアップセットに転送されます。別のセレクタを選択して、一部のファイルを転送することもできます。

  1. 「選択」ボタンをクリックします。
  2. セレクタをクリックしたら、「OK」をクリックします。

「追加選択」をクリックして、Retrospect のファイル選択基準を使用して、カスタムセレクタを作成することもできます。セレクタについては、セレクタの使い方を参照してください。

追加オプションの設定

Retrospect には、スナップショット転送専用の複数の実行オプションがあります。

概要ウィンドウで「オプション」をクリックすると、メディアの検証、データ圧縮、元バックアップセットの置き換え、およびその他のオプションのデフォルト設定を変更できます。

180

これらのオプションの詳細は、転送実行オプションを参照してください。

「追加選択」ボタンをクリックして、他の実行オプションにアクセスします。詳しくは、実行オプションを参照してください。

実行ユニットの設定

お持ちの Retrospect が複数同時実行に対応した製品である場合には、このスクリプトに使用する実行ユニットを指定(または「任意の実行ユニット」を選択)できます。概要ウィンドウのリストボックスで選択を行います。詳しくは、実行ユニットの割り当てを参照してください。

スクリプトによるグルーミング

グルーミングスクリプトにより、ディスクスペースの確保をスケジュールすることができます。グルーミングスクリプトが実行されると、指定したグルーミングポリシーに基づき、元ディスクバックアップセットから古いファイルとフォルダが削除されます。グルーミングスクリプトがない場合、古いファイルとフォルダはさらにディスク容量が要求されるまで削除されません。

ディスクバックアップセットに対してグルーミングを有効にする方法についての詳細は「オプション」タブを参照してください。

グルーミングスクリプトの作成手順は、以下のとおりです。

以下で説明するように、スケジュールと保存の手順はすべてのスクリプトで同じです。

グルーミングスクリプトの作成

  1. ナビゲーションツールバーから、「自動化」をクリックしてから、「スクリプトの管理」ボタンをクリックします。

    スクリプト編集ウィンドウが表示されます。

  2. 「新規」ボタンをクリックして、新規スクリプトの作成を開始します。

    スクリプト選択ウィンドウが表示されます。

  3. リストから「グルーミング」を選択して、「OK」をクリックします。

    スクリプト命名ウィンドウが表示されます。

  4. スクリプトの名前を入力して「新規」をクリックします。

    入力したスクリプト名がウィンドウに表示されます。

    181

  5. スクリプトに情報を追加するには、該当するボタンをクリックします。

「元ボリューム」では、1 つ以上のバックアップセットを選択できます。詳しくは、「グルーミングする元ボリュームの選択」を参照してください。

「スケジュール」では、スクリプトの実行日時や間隔を指定します。詳しくは、「スクリプトのスケジュール作成」を参照してください。

スクリプトウィンドウ内の情報が正しい場合は、スクリプトを保存できます。詳しくは、スクリプトの保存を参照してください。

グルーミングする元ボリュームの選択

新しいスクリプトの場合、スクリプトの概要ウィンドウの「元ボリューム」の部分には「バックアップセットが選ばれていません」というメッセージが表示されます。

  1. 「元ボリューム」ボタンをクリックして、「バックアップセットの選択」ウィンドウを表示します。
  2. 182

    • ディスクバックアップセットだけが表示されます。他のタイプのメディアではグルーミングはサポートされていないからです。
  3. グルーミングするデータが入ったバックアップセットを 1 つ以上選択します。

    探しているバックアップセットがリストに表示されていない場合、「更に」ボタンをクリックし、追加のバックアップセットのカタログファイルを開くか再作成してそのバックアップセットにアクセスします。

    • グルーミングが有効ではないバックアップセットを選択した場合、Retrospect はスクリプトの実行時に操作ログにエラーを記録し、その他の元バックアップセットのグルーミングを継続します。
  4. 「OK」をクリックします。
  5. スクリプトウィンドウにそのバックアップセットがリスト表示されます。

実行ユニットの設定

お持ちの Retrospect が複数同時実行に対応した製品である場合には、このスクリプトに使用する実行ユニットを指定(または「任意の実行ユニット」を選択)できます。概要ウィンドウのリストボックスで選択を行います。詳しくは、実行ユニットの割り当てを参照してください。

スクリプトによる検証

検証スクリプトにより、バックアップセットのメディアの検証をスケジュールすることができます。この「オフライン検証」はバックアップウィンドウを最大化するために有効なツールです。手動でメディアを検証するには、ナビゲーションバーから「ツール」>「メディアの検証」を選択します。詳しくは、バックアップセットメディアの検証を参照してください。

たとえば、ユーザがコンピュータから離れている夜間にバックアップスクリプトを完了できない場合には、バックアップスクリプトに「No verification」を選択し、朝に別途検証スクリプトを実行するようにスケジュールすることができます。バックアップスクリプトに検証フェーズが含まれなくなるので、より早く終了することになります。

検証可能な場合、検証スクリプトはバックアップセットメディアのデータを、元バックアップセットのファイルとバックアップ時に生成された MD5 とを比較することにより検証します。つまり、バックアップ元ボリュームにアクセスする必要がないので、該当するボリュームのスローダウンを防止します。

特定の状況下では、バックアップ時に生成された MD5 にアクセスしません。Retrospect 16.5 以前のバージョンを使用して作成されたすべてのバックアップと、「バックアップ操作中に MD5 ダイジェストを生成」環境設定を無効にして作成されたバックアップが、これに該当します。詳しくは、検証環境設定を参照してください。

この場合、バックアップセットメディアのすべてのファイルがチェックされて、読み出し可能であることが確認されます。

  • 検証スクリプトでは、複数のメディアにまたがるバックアップを検証する場合、メディアの再セットが要求されます。

検証スクリプトの作成手順は、以下のとおりです。

以下で説明するように、スケジュールと保存の手順はすべてのスクリプトで同じです。

検証スクリプトの作成

  1. ナビゲーションツールバーから、「自動化」をクリックしてから、「スクリプトの管理」ボタンをクリックします。

    「スクリプト編集」ウィンドウが表示されます。

  2. 「新規」ボタンをクリックして、新規スクリプトの作成を開始します。

    「スクリプト選択」ウィンドウが表示されます。

  3. リストから「検証」を選択して、「OK」をクリックします。

    「スクリプト命名」ウィンドウが表示されます。

  4. スクリプトの名前を入力して「新規」をクリックします。

    入力したスクリプト名がウィンドウに表示されます。

    183

  5. スクリプトに情報を追加するには、該当するボタンをクリックします。

「元ボリューム」では、1 つ以上のバックアップセットを選択できます。詳しくは、「検証元の選択」を参照してください。

「オプション」で検証オプションを指定します。詳しくは、「追加オプションの設定」を参照してください。

「スケジュール」では、スクリプトの実行日時や間隔を指定します。詳しくは、「スクリプトのスケジュール作成」を参照してください。

スクリプトウィンドウ内の情報が正しい場合は、スクリプトを保存できます。詳しくは、スクリプトの保存を参照してください。

検証元の選択

新しいスクリプトの場合、スクリプトの概要ウィンドウの「元ボリューム」の部分には「バックアップセットが選ばれていません」というメッセージが表示されます。

  1. 「元ボリューム」ボタンをクリックして、「バックアップセットの選択」ウィンドウを表示します。

    184

  2. 検証するデータが入ったバックアップセットを 1 つ以上選択します。

    探しているバックアップセットがリストに表示されていない場合、「更に」ボタンをクリックし、追加のバックアップセットのカタログファイルを開くか再作成してそのバックアップセットにアクセスします。

  3. 「OK」をクリックします。

スクリプトウィンドウにそのバックアップセットがリスト表示されます。

追加オプションの設定

Retrospect には検証スクリプトを指定するための実行オプションがあります。

サマリウィンドウで「オプション」をクリックして、検証するバックアップのデフォルト設定を変更します。

185

このオプションの詳細は、検証実行オプションを参照してください。

「追加選択」ボタンをクリックして、他の実行オプションにアクセスします。詳しくは、実行オプションを参照してください。

実行ユニットの設定

お持ちの Retrospect が複数同時実行に対応した製品である場合には、このスクリプトに使用する実行ユニットを指定(または「任意の実行ユニット」を選択)できます。概要ウィンドウのリストボックスで選択を行います。詳しくは、実行ユニットの割り当てを参照してください。

スクリプトのスケジュール作成

スクリプトは、いつでも手動で実行できますが、無人でも実行できるように設計されています。無人で実行するには、スクリプトを実行する時間と頻度を指定したスケジュールを作成する必要があります。

オペレータがいるときにコマンドでスクリプトを実行する場合は、スクリプトの手動実行を参照してください。

スクリプトのスケジュールは、指定日に自動実行したり、繰り返し(たとえば、2 週間ごとに)自動実行したりするように設定できます。同じスクリプトに対して複数のスケジュールを設定し、スケジュールごとに異なるバックアップ動作を指定することもできます。

バックアップ計画全体の一部としてスクリプトを使用する方法について詳しくは、バックアップ計画を参照してください。

スクリプトをスケジュールするには

  1. 「スクリプトの概要」ウィンドウで、「スケジュール」ボタンをクリックします。

    「スケジュール」ウィンドウが表示されます。

    186

  2. 「追加」ボタンをクリックします。

    187

  3. 追加するスケジュールの種類を指定して、「OK」をクリックします。

    「曜日指定」では、曜日と週単位の繰り返し間隔を指定します。複数の曜日を組み合わせることもできます。たとえば、月曜と水曜日に実行するスクリプトや、隔週で実行するスクリプトをスケジュールできます。週は、開始日が含まれる週の日曜日に始まることに注意してください。

    「繰り返し」では、指定間隔ごとに繰り返されるスケジュールを定義できます。たとえば、毎月の最終金曜日、あるいは 2 時間ごと、のような指定が可能です。

    「指定日」では、1 回だけ実行する日時を指定します。たとえば、「2003 年 4 月 19 日、6:00 a.m.」のように指定します。

  4. 各スケジュールを自由に組み合わせて、スクリプトに設定することができます。
  5. スクリプトスケジュールの作成の説明に従ってスケジュールを作成したら、「OK」をクリックします。

    「スケジュール」ウィンドウが表示されます。

    188

  6. 「追加」をクリックして追加のスケジュールを作成するか、「修正」をクリックして指定したスケジュールを変更するか、または「削除」をクリックして指定したスケジュールを削除します。
  7. スクリプトのスケジュールが完了したら、「OK」をクリックします。

スクリプトの概要ウィンドウが表示されます。

189

作成したスケジュールに基づいて、次にスケジュールされている実行が 6 つリスト表示されます。

スクリプトスケジュールの作成

Retrospect で利用可能なスケジュールのタイプには次の 3 つがあります。

  • 曜日指定
  • 繰り返し
  • 指定日

これらのスケジュールにはいくつか共通要素がありますが、各タイプの作成プロセスは若干異なります。

スケジュールの共通要素

すべてのスケジュールタイプに共通のコントロールおよび設定があります。それは次のとおりです。

  • 開始日時:スクリプトを実行する最初の日時を指定します。開始日時を変更するには、変更する部分をクリックします。変更したい項目を選択して、希望する数値や文字を入力するか、矢印ボタンをクリックして変更します。(キーボードの上下矢印キーを押して、変更することもできます。別の項目に移動するときは、Tab キーを押してください。)
  • バックアップ動作の種類と宛先:バックアップスクリプトのスケジュールを作成する場合は、バックアップ動作と宛先も指定できます。「動作」リストボックスから、「標準」、「新規メンバー」、「置き替え」、「新規バックアップセット」のいずれかを選択します。(バックアップスクリプトと転送スクリプトのみ)。

「開始日時」スクリプトを実行する最初の日時を指定します。開始日時を変更するには、変更する部分をクリックします。変更したい項目を選択して、希望する数値や文字を入力するか、矢印ボタンをクリックして変更します。(キーボードの上下矢印キーを押して、変更することもできます。別の項目に移動するときは、Tab キーを押してください。)

190

曜日指定スケジュールの場合、開始日を指定してもその日にスクリプトが実行されるわけではありません。たとえ同じ週であっても実行されません。ウィンドウ上部の概要情報をチェックし、スクリプトが最初に実行される実際の日時を確認してください。

「バックアップ動作の種類と宛先」バックアップスクリプトまたは転送スクリプトのスケジュールを作成する場合は、バックアップ動作も指定できます。「動作」リストボックスから、「標準」、「新規メンバー」、「書き替え」、「新規バックアップセット」のいずれかを選択します。

  • 「標準」は典型的な Progressive バックアップで、新規ファイル、変更されたファイル、およびバックアップセットに存在しないファイルを選択し、既存のメンバーに追加します。
  • 「新規メンバー」は、指定されたバックアップセット内で、新規メンバーの位置までスキップします。名前が一致する既存メンバーか、種類が一致する新規または消去済みのメディアが使用されます。「新規メンバー」は、ファイルがバックアップセット内の次のメンバーにコピーされる点を除けば「標準」と同様です。
  • 「置き替え」は、バックアップセットの内容を示すカタログの項目を消去し、バックアップ済みファイルが 1 つもない状態にします。次に、バックアップセット内の先頭メディアメンバーが検索され、それが有効な場合は消去されます。先頭のメディアメンバーが利用不可能な場合は、利用できる新規または消去済みのメディアが使われます。元ボリュームから選択したすべてのものが、バックアップセットにバックアップされます。
  • 「新規バックアップセット」では、新規または消去済みのメディアを使用して、新規バックアップセットを作成します(以前のバックアップセットと似た名前が付けられます)。オリジナルのバックアップセットとカタログは現状のまま残し、安全な場所に長期間保存することができます。新規バックアップセットとそのカタログには、連番付きの名前が付けられます。

バックアップ計画の一環として、メディアのローテーションを行うため、スクリプトに対して複数のバックアップセットを指定することもできます。複数の宛先ボリュームバックアップセットを指定した場合は、そのスケジュールで使用するバックアップセットを「宛先」リストボックスから選択します。

スクリプトに 1 つのバックアップセットしか指定されていない場合は、リストボックスは表示されません。

曜日指定スケジュールの使い方

指定曜日にスクリプトを実行したい場合は、曜日指定スケジュールを使用します。

曜日指定スケジュールを作成するには

  1. 「スケジュール」ダイアログボックスの「曜日指定」ラジオボタンを選択します。

    191

  2. 「OK」をクリックします。

    曜日指定スケジュールウィンドウが表示されます。

    192

  3. スケジュールの共通要素で説明したとおりに、開始日時を設定します。
  4. スクリプトを実行できる期間は、Retrospect の「スケジュール」環境設定(スケジュール環境設定)で定義されます。この期間外の実行スケジュールを設定しても、スクリプトは作動しません。

    必要な場合、バックアップ動作と宛先バックアップセットを指定します。

  5. スクリプトを実行する曜日のチェックボックスをクリックします。
  6. 繰り返す間隔を週単位で入力します。

    たとえば、「2」と入力すると、隔週でスクリプトが実行されます。

  7. スケジュールウィンドウの設定がすべて終了したら、「OK」をクリックします。

繰り返しスケジュールの使い方

指定した時間、日数、週、または月に一度の間隔でスクリプトを実行したい場合は、繰り返しスケジュールを使用します。

繰り返しスケジュールを作成するには

  1. 「スケジュール」ダイアログボックスの「繰り返し」ラジオボタンを選択します。

    193

  2. 「OK」をクリックします。

    繰り返しスケジュールウィンドウが表示されます。

    194

  3. スケジュールの共通要素で説明したとおりに、開始日時を設定します。
  4. スクリプトを実行できる期間は、Retrospect の「スケジュール」環境設定(スケジュール環境設定)で定義されます。この期間外の実行スケジュールを設定しても、スクリプトは作動しません。

    必要な場合、バックアップ動作と宛先バックアップセットを指定します。

  5. 「繰り返し」リストボックスで、繰り返しの時間単位(時間、日、週、または月)を選択します。
  6. 繰り返し間隔を「時間」、「週」、「月」、または「日」欄に入力します。

    「繰り返し」リストボックスは、入力した繰り返し間隔を反映したものになります。

  7. スケジュールウィンドウの設定がすべて終了したら、「OK」をクリックします。

指定日スケジュールの使い方

指定した日時に 1 回だけスクリプトを実行したい場合には、指定日スケジュールを使用します。

指定日スケジュールを作成するには

  1. 「スケジュール」ダイアログボックスの「指定日」ラジオボタンを選択します。

    195

  2. 「OK」をクリックします。

    指定日スケジュールウィンドウが表示されます。

    196

  3. スケジュールの共通要素で説明したとおりに、開始日時を設定します。
  4. スクリプトを実行できる期間は、Retrospect の「スケジュール」環境設定(スケジュール環境設定)で定義されます。この期間外の実行スケジュールを設定しても、スクリプトは作動しません。

    必要な場合、バックアップ動作と宛先バックアップセットを指定します。

  5. スケジュールウィンドウの設定がすべて終了したら、「OK」をクリックします。

スクリプトの保存

すべてのスクリプト設定が指定し終わったら、スクリプトを保存する必要があります。保存には、次の 3 つのオプションがあります。

  • 「保存」:「保存」アイコン
  • 198 をクリックすると、作成のときに使用した名前でスクリプトが保存されます。単にスクリプトの概要ウィンドウの「OK」ボタンをクリックすることもできます。
  • 「名前を付けて保存」:「名前を付けて保存」アイコン
  • 199 をクリックすると、新しい名前でスクリプトを保存できます。一度スクリプトを保存し、設定を修正した後に「名前を付けて保存」を選択すると、新しいスクリプトを作成することができます。
  • 「保存と実行」:「保存と実行」アイコン
  • 200 をクリックするとスクリプトが保存され、「手動によるスクリプト実行」ウィンドウが表示されます。ここで、すぐにスクリプトを実行するか、「起動書類」を作成することができます。

保存されたスクリプトの実行方法について詳しくは、スクリプトの実行を参照してください。

スケジュールによる操作

スケジュールしたスクリプトは、Retrospect が監視し、指定した日時に自動実行されます。スケジュールされているスクリプトのリストを表示するには、Retrospect のナビゲーションバーから「アクティビティモニタ」をクリックして、「予定」ボタンをクリックします。

200

スクリプトを実行できる期間は、Retrospect の「スケジュール」環境設定(スケジュール環境設定)で定義されます。この期間外の実行スケジュールを設定しても、スクリプトは作動しません。

Retrospect はコンピュータのクロックをチェックし、スクリプトの次回の実行予定日と照合します。

Retrospect は、スケジュール済みのスクリプトの実行をつねに監視しています。スケジュール済みのスクリプトの実行が目前にせまっている場合(通常は 12 時間以内)、Retrospect が自動的に終了することはありません。環境設定の内容によっては、停止も再起動もできません(環境設定についてはスタートアップ環境設定を参照)。その場合、Retrospect は起動したまま、スクリプトの実行を待ちます。

アクティビティモニタの「予定」タブについて詳しくは、「予定」タブを参照してください。

スクリプトのテスト

スクリプトの概要ウィンドウからいつでもスクリプトの有効性をチェックできます。Retrospect では、スクリプトに必要な情報が欠けていないかどうか、実行の準備が整っているかどうかをチェックできます。スクリプトにストレージメディアが必要な場合、利用可能な状態であることを確認するためにチェックすることもできます。

スクリプトをテストするには

  1. Retrospect ナビゲーションバーから「自動化」>「スクリプトの管理」を順にクリックします。
  2. テストするスクリプトをダブルクリックします。

    スクリプトの概要ウィンドウが表示されます。

  3. ツールバーの「チェック」アイコン
  4. 202 をクリックします。

スクリプトの有効性、およびスクリプトの次回の実行予定日時を報告するダイアログボックスが表示されます。

202

スクリプトが無効である場合、スクリプトの問題を示す情報が表示されます。

203

  1. スクリプトが有効でメディアが必要な場合、「メディアのチェック」ボタンをクリックしてバックアップデバイスに必要なメディアが用意されているか確認することができます。

    204

  2. 「OK」をクリックして、スクリプトの概要ウィンドウに戻ります。

スクリプトの実行

Retrospect では、次の 2 通りの方法でスクリプトを実行できます。

スクリプトとのやり取りやスクリプトの制御について詳しくは、スクリプトの制御を参照してください。

スクリプトの自動実行

スクリプトのスケジュール作成では、スクリプトを自動実行するための日時のスケジュール方法について説明しています。スケジュールしたすべてのスクリプトは、Retrospect が監視しており、指定した日時に自動実行されます。「アクティビティモニタ」ウィンドウ(スケジュールされたスクリプトの表示で説明)には、これから予定されているイベントが表示されます。

スクリプトの手動実行

スクリプトを手動で起動するには、次のような方法があります。

  • Retrospect 内からスクリプトを即時実行します。
  • 「起動書類」ファイルを作成します。これによって、オペレータの指示で、デスクトップから(またはファイルが保存されている場所ならどこからでも)いつでもスクリプトを実行できます。

「手動によるスクリプト実行」ダイアログボックスを使用して、希望の方法を指定します。「手動によるスクリプト実行」ダイアログボックスへのアクセス方法には、次の 3 つがあります。

  • スクリプトの概要ウィンドウのツールバーから「保存と実行」ボタン
  • 206 をクリックします。
  • Retrospect の「実行」 メニューからスクリプトを選択します。
  • Retrospect のメインツールバーの「スクリプト実行」 ボタン
  • 207 をクリックしてスクリプトを選択し、「OK」をクリックします。

207

スクリプトを即時実行するには

  1. 「今すぐ実行」ラジオボタンを選択します。

    実行ユニットリストボックスが有効な場合は、それを使って実行ユニットを選択すれば、スクリプトと共に保存した選択より優先させることができます。実行ユニットの詳細については実行ユニットの割り当てを参照してください。

    実行するスクリプトがバックアップスクリプトの場合、「動作」リストボックスを使用してバックアップのタイプを設定します。詳しくは、バックアップ動作を参照してください。

    バックアップスクリプトに複数の宛先がある場合、もう 1 つのリストボックスを使用して宛先バックアップセットを指定します。

  2. 「実行」をクリックします。

起動書類を作成するには

  1. 「起動書類を作成する」ラジオボタンを選択します。

    実行するスクリプトがバックアップスクリプトの場合、「動作」リストボックスを使用してバックアップのタイプを設定します。詳しくは、バックアップ動作を参照してください。

    バックアップスクリプトに複数の宛先がある場合、もう 1 つのリストボックスを使用して宛先バックアップセットを指定します。

  2. 「保存」をクリックします。

    208

  3. 起動書類の保存場所を「参照」で探し、ファイル名を入力した後、「保存」をクリックします。
  4. ファイルの拡張子は変更しないでください。起動書類はすべて、拡張子が .rrr でなければなりません。
  5. デスクトップまたは Windows エクスプローラから起動書類をダブルクリックして、スクリプトを実行します。

複数のスクリプトを順次実行するには、複数の起動書類を選択し、「ファイル」メニューから「開く」を選択します。複数の起動書類を一度に開いた場合、対応するスクリプトがアルファベット順に実行されます。これは起動書類のファイル名ではなく、スクリプトの名前の順番です。

同じスクリプトについて複数の起動書類を作成し、それぞれ異なるバックアップ動作と宛先ボリュームバックアップセットを指定することができます。

スクリプトの制御

自動操作の制御は、基本操作の制御とほぼ同じです。詳しくは、「操作の制御」を参照してください。

スクリプトに固有の環境設定が数多くあります。これらを正しく設定する必要があります。スクリプトは無人で実行されるように設計されており、夜間 Retrospect を終了し帰宅した後であっても実行できます。Retrosepct の「スタートアップ」環境設定で、Retrospect の起動サービスを有効にしており、Retrospect が自動起動してスクリプトを実行できるように選択していることを確認してください。詳しくは、スタートアップ環境設定を参照してください。

「スタートアップ」環境設定では、Retrospect が自動起動したときおよびスクリプトの実行を終了したときの動作を決めることもできます。デフォルトでは、Proactive Backup が実行中である場合、またはアプリケーションの先読み時間に実行される別のスクリプトがスケジュールされている場合を除いて、Retrospect は終了します。詳しくは、スケジュール環境設定を参照してください。

スクリプトを手動で起動した場合、Retrospect ツールバーの「続けて使用」リストボックスを使用して、実行を終了したときの Retrospect の動作を決めることができます。デフォルトでは、何も行われませんが、スクリプトを開始して帰宅したい場合、実行完了時に Retrospect を終了するように選択することができます。Proactive Buckup が実行中である場合、または別のスクリプトがアプリケーションの先読み時間に実行されるようにスケジュールされている場合を除いて、実行が終了したときに Retrospect は終了(またはシャットダウン)します。先読み時間の指定方法について詳しくは、スケジュール環境設定を参照してください。

Proactive Backup スクリプト

バックアップスクリプトはパワフルで多機能なツールですが、変更が定期的に行われるバックアップ環境では、他のタイプの操作、すなわち Proactive Backup を使用したほうが良い場合があります。通常のバックアップスクリプトは、ある一定の順序で特定のボリュームを指定のバックアップセットにコピーします。バックアップ環境が変わってボリュームまたはメディアが使用できなくなった場合は、次の予定の時間までバックアップは行われません。これは、Retrospect に Proactive Backup オプションがあるためです。

Proactive Backup を利用するには、適切なライセンスコードが必要です。「設定」>「ライセンス」の順にクリックすると、現在のライセンスが表示されます。新しいライセンスを購入することもできます。

Proactive Backup の利点

Retrospect の Proactive Backup 技術は、ネットワーク構成やディスク構成の変更に柔軟に対応できます。通常のバックアップスクリプトは、明確に定義された元ボリューム/宛先ボリュームバックアップセットの固定のスケジュールに従って実行されますが、Proactive Backup スクリプトはリソースの使用可能性やバックアップの必要性に応じて駆動されます。元ボリュームは要求に沿った順序でバックアップされ、一番古くにバックアップされたものが最初にバックアップされます。ボリュームは、利用可能なバックアップセットメディアのうち、最適なものにコピーされます。そのため、Proactive Backup スクリプトを使えば、メディアの選択に関する自由度が増します。

Proactive Backup スクリプトは、ネットワーク上でコンピュータとボリュームが不規則に出現する環境に最適です。たとえば、ネットワーク上に不規則に出現する取り出し可能なディスクやモバイルコンピュータを擁するオフィスでは、新規ボリュームが使用可能になると、Proactive Backup がそのボリュームを認識してバックアップを行います。クライアントユーザは、ボリュームのバックアップを開始することもできます。

Proactive Backup スクリプトは単独で使用できますが、広範なバックアップ計画を必要とする場合には、通常のバックアップスクリプトと併用することで最適な結果を得ることも可能です。

Proactive Backup の機能

Proactive Backup スクリプトは、他の Retrospect スクリプトに似ています。スクリプトを実行しているバックアップコンピュータは、予定した実行期間には「proactive」となり、予定した停止期間には待機中となります。Proactive Backup の動作中はコンピュータを Proactive Backup 専用にすることで、Proactive Backup の動作中に他のプログラムが実行されないようにすることもできます。

Proacctive バックアップは、元ボリュームの最新バックアップに基づいてキューを生成します。一番古くにバックアップされたボリュームはキューの先頭に移動され、その他のボリュームは優先順位に従って降順に配置されます。次に、Proactive Backup はローカルデスクトップを調べてネットワークをポーリングし、ボリュームを探します。

ネットワークポーリングによってネットワークのパフォーマンスが低下することはありません。

Proactive Backup は、ボリュームキューの先頭から調べて、各元ボリュームが使用可能かどうか判断します。また、必要に応じて各ボリュームを最適なバックアップセットにバックアップします。Retrospect は、ボリュームを処理する際に、一番新しくバックアップされたボリュームをキューの末尾に移動します。Proactive Backup は、使用可能な元ボリュームをすべて現在のバックアップ間隔でバックアップしたら、ネットワーク上のクライアントを定期的にポーリングします。ポーリング処理では、最近出現したボリュームがチェックされ、クライアントユーザがそのボリュームのバックアップを要求したかどうかチェックされます。この一連の処理で、バックアップを要するボリュームは確実にバックアップされます。

バックアップ管理者および Proactive Backup の許可があれば、クライアントユーザはいつでも、できるだけ早くバックアップすることを要求できます。Retrospect がそのクライアントを次にポーリングするときに、「できるだけ早く」の要求を認識してそのクライアントのバックアップを行います。

Proactive Backup スクリプトの終了時間になると、Retrospect は現在のボリュームのバックアップを続行しますが新規バックアップは開始しません。スクリプトの終了時間になると、Retrospect は現在実行中のバックアップを停止します。スクリプトの次の予定開始時刻までは、新規バックアップは一切行いません。

新規メンバー、置き換え、新規バックアップセットのいずれのバックアップ動作もProactive Backup スクリプトには不適切であるため、通常バックアップ動作だけが使用されます。

Proactive Backup を使用する場合

以下の表では、標準のバックアップスクリプトと Proactive Backup スクリプトとの比較を示しています。

機能

バックアップスクリプト

Proactive Backup スクリプト

宛先バックアップセット

スケジュールに設定された、または実行時に指定された単一のバックアップセットにコピーします。メディアを使用できないときはコピーできません。メディアのローテーションはスクリプトに記述されています。

宛先ボリュームリスト中の使用可能な最適バックアップセットにコピーします。使用できる複数のバックアップセット間で自動メディアローテーションを行います。

元ボリューム

元ボリュームリストの順にボリュームをバックアップします。バックアップが失敗すると、次のバックアップは次回のスクリプト実行時まで行われません。

最終バックアップ日の優先順にボリュームをバックアップします。バックアップが終了するたびに、前に使用できなかったボリュームも含めて、キューが再チェックされます。

スケジュール

バックアップは指定の時間に開始し、最後の元ボリュームが完了した時点で終了します。必要であれば、バックアップを指定の時間に終了することもできます。

開始時間から終了時間まで実行します。使用可能なボリュームのバックアップは必要に応じて行われます。

ユーザの要求したバックアップ

できません。

空のフォルダも復元可能です。

Proactive Backup の使用に適した状況および Proactive Backup に基づくバックアップ計画の実行については、ネットワークのバックアップ計画を参照してください。

リソースの管理

豊富なリソース(大容量の記憶装置、高速ネットワーク、強力な長時間運用のバックアップ用コンピュータ)があり、元ボリュームが比較的少ない場合、Proactive Backup は動作時間内に、すべてのボリュームを完全にバックアップできます。一方、リソースが限られており(小容量の記憶装置、低速のネットワーク、運用時間のほとんどない低速のバックアップ用コンピュータ)、元ボリュームが比較的多い状況では、動作時間内に各ボリュームを完全にバックアップすることは困難に思えるかもしれません。幸い、Retrospect の Proactive Backup は制限されたバックアップリソースを効果的に管理できるので、実際にはバックアップのすべてを完全に処理することができます。

Proactive Backup のジョブ実行の信頼性

リソースが豊富かどうかに関わりなく、Proactive Backup は優先度の最も高いものから順にボリュームをバックアップします。たとえば、100 台のクライアントコンピュータをバックアップしなければならない場合に、バックアップ可能な時間が 1 晩につき 8 時間しかないものとします。この場合は、最初の晩にスクリプトを 8 時間実行しても 100 クライアントすべてをバックアップすることはできません。したがって、100 ボリュームをすべてバックアップし終えるまで、残りのボリュームは次の晩にバックアップされます。最初のバックアップを終えたら、Proactive Backup はただちにキューを移動して次のバックアップを行います。

バックアップ管理者は、予想バックアップ時間に基づいて処理日ごとにクライアントを複数のグループに分ける必要はありません。Proactive Backup は、予定した期間で負荷を分散します。

Proactive Backup の大きな特徴は、余分な努力を払わなくても元ボリュームすべてをバックアップできるという点です。最悪のケースでは、ボリュームのバックアップ間隔が長くなりすぎて不都合が生じる場合もありますが、この場合にはもっと多くのリソースを割り当てる必要があります。

ボリュームのバックアップ回数を増やしたい場合は、Proactive Backup スクリプトに追加のリソースを割り当てる必要があります。スクリプトの実行時間を長くするか、セレクタでバックアップするファイルを制限するか、高速のバックアップ用コンピュータを使用するか、またはネットワークを高速化してください。2 台目のバックアップ用コンピュータにクライアントの半分を効果的に処理するよう設定すれば、各コンピュータで負荷が半分に分散されます。

進行状況のモニタリング

定期的にバックアップレポート(バックアップレポートの表示を参照)をチェックして、バックアップされているボリュームとバックアップ間隔を確認してください。前回のバックアップ日から何日が経過したかをボリュームごとに示す「経過日数」列は特に重要です。

各ボリュームの最初のバックアップ後にプログレッシブバックアップが実行されると、バックアップ間隔は短くなる傾向があります。Progressive バックアップにかかる時間は、ほとんどのボリュームでかなり短いので、頻繁に実行できます。

バックアップレポートからバックアップイベントを削除すると、バックアップキューに入れるボリュームの優先度を評価する際に、そのバックアップの発生は考慮されません。したがって、そのボリュームには、レポートからの削除前より高いバックアップ優先度が与えられます。

他のスクリプトとのやり取り

同時に実行している複数の Proactive Backup スクリプトを使って特定のバックアップリソースを管理することができます。スケジュールが異なる複数のスクリプトを使用して、特定のボリュームにより高いバックアップ優先度を与えることも可能です。

たとえば、あるスクリプトを 1 日 18 時間実行して、販売部門のボリュームをバックアップするものとします。また、別のスクリプトを 1 日 6 時間実行して、会計部門のボリュームをバックアップするものとします。この場合、販売部門のスクリプトではバックアップがおそらくすべて完了しますが、会計部門のスクリプトではわずか 6 時間でボリュームすべてをバックアップするのは無理でしょう。しかし、最もバックアップ処理を必要とするボリュームを、比較的新しいバックアップを持つボリュームより前にバックアップすることで、最終的にはこれらのボリュームをすべてバックアップすることができます。

別の例として、リムーバブルディスク、ノートブックコンピュータなど、断続的に使用できるボリュームについて考えてみましょう。この場合、これらのボリュームは 1 日中ランダムに使用可能となるので、1 日 24 時間ボリュームをバックアップするスクリプトを使用することができます。

Proactive Backup 計画の詳細については、バックアップ計画を参照してください。

Proactive Backup 以外のスクリプトは、Proactive Backup スクリプトの使用中に実行されるようにスケジュール設定しても、競合なしに動作できます。

Proactive Backup に関するヒントとテクニック

Proactive Backup の機能を最大限に利用するには、以下の簡単なガイドラインに従う必要があります。

適切な Proactive Backup コンピュータの選択

Proactive Backup 用に使用するコンピュータは重要です。Proactive Backup スクリプトは、バックアップ専用の(他のファイルサービング/共有ソフトウェアが稼動していない)コンピュータで最適に機能します。Proactive Backup は、高性能のプロセッサを持つバックアップコンピュータで最適に動作します。

Proactive Backup が終了しても、バックアップ用のコンピュータが終了またはシャットダウンすることはありません。次にスケジュールされた開始時間まで待機します。

コンテナを元ボリュームとして使用

特にクライアントをバックアップするときは、個々のボリュームではなく Proactive Backup スクリプトでコンテナ(コンテナを参照)を使って元ボリュームを指定します。コンテナを使用すると、クライアントに追加される新規ボリュームはすべて自動的にバックアップに追加されます。

バックアップセット間のローテーション

Proactive Backup スクリプトで複数のバックアップセットを作成し、それらすべてを宛先として使用します。バックアップセットのローテーションを行うには、毎日異なるメディアをバックアップデバイスに挿入します。Proactive Backup は、挿入されたメディアはなんでも使用します。

新規メディアの導入

定期的に新規バックアップセット バックアップを実施し、新しいメディアを導入してください。新規バックアップセット バックアップを実施するたびに、古いメディアを運用環境から外して保管します。次の新規バックアップセット バックアップを実施するまでの間は、カタログの肥大化を防ぎ、復元操作を迅速に行えるようにするためにも、定期的に書き替えバックアップを実施してください。

メディアのローテーションや新規メディアの導入の際には、通常のバックアップスクリプトで Proactive Backup スクリプトと同じバックアップセットを使用して、書き替えバックアップまたは新規バックアップセット バックアップを実行してください。スケジュールを作成するか、Retrospect の「実行」メニューから実行するか、または起動書類として保存して実行します。

置き替えバックアップまたは新規バックアップセット バックアップのバックアップセットを手動で設定する場合は、バックアップセットを設定し、メディア動作を設定します。詳しくは、「オプション」タブを参照してください。

メディア利用状態のモニタリング

Proactive Backup では最初にメディア要求ウィンドウが開かれないため、アクティビティモニタからメディアを監視する必要があります。「アクティビティモニタ」>「Proactive」をクリックして、Proactive Backup スクリプトを確認します。

209

Retrospect にメディアが必要な場合には、「元ボリューム」または「バックアップセット」のステータス列に「メディア」が表示されます。リストボックスからバックアップを選択すると、使用可能なメディアがある宛先バックアップセットと、使用可能なメディアがない宛先バックアップセットが表示されます。必要に応じてメディアを挿入します。

バックアップセットが新規メディアまたは消去済みのメディアを必要とする場合、およびメディアを消去する必要がある場合は、Proactive Backup を終了し、メディアを「設定」> 「デバイス」から消去して、Proactive Backup を再起動します。

その他のスクリプトで Proactive Backup を補足

Retrospect では複数の Proactive Backup スクリプトを同時に実行でき、元ボリュームと宛先ボリュームを管理することができます。

Proactive Backup を実行しているときに、それ以外のバックアップスクリプトを実行できます。これらについては、スケジュールを作成するか、起動書類を使って都合の良いときに実行します。Proactive Backup 以外のスクリプトで、書き替えバックアップや新規バックアップセット バックアップを実行し、Proactive Backup でバックアップされないボリュームをバックアップすれば、Proactive Backup スクリプトを補完できます。

テープライブラリを使用

自動テープローディングデバイスと Proactive Backup を組み合わせると強力なツールになります。ライブラリのマガジン内のテープはすべてバックアップセットの宛先としてバックアップ用に使用できます。Proactive Backup は、余分な労力なしにバックアップセット間のローテーションを行います。バックアップが 2 つのテープにまたがるとき、または新規バックアップセット バックアップで Retrospect のメディア制御オプションを設定した場合には、空のテープまたは消去済みのテープを使用します。

早期バックアップを許可

デフォルトで、Proactive Backup スクリプトは早期バックアップを許可します。要求元と考えられる元ボリュームのリストがポーリングされ、早期のバックアップを求めたクライアントが見つかると、この早期バックアップが実行されます。クライアントユーザが自分の Retrospect クライアントコントロールパネルでこのオプションを選択しても、クライアントソフトウェアはバックアップコンピュータ上の Retrospect にメッセージを送信しません。Retrospect はポーリングの実行時にクライアントに接続します。これは、スケジュールされた動作中にバックアップが行われないときに実行されます。

複数のクライアントのバックアップが予定されている場合、現在のバックアップがあるクライアントは、Proactive Backup による処理が開始されるまで長時間待機する場合があります。クライアントユーザの「できるだけ早く」のバックアップ要求に関わりなく、Retrospect は、現在バックアップが存在しない他のクライアントをバックアップします。ポーリングは、最もバックアップを必要としているクライアントから開始されます。

詳しくは、Proactive Backup の間隔オプションを参照してください。

ユーザ延期の管理

クライアントユーザが(操作ログに記録されているように)バックアップを繰り返し延期する場合は、ユーザにとって都合の良いとき、たとえば、コンピュータを使用していないときにバックアップを行うようにします。あるいは、カウントダウンタイムオプションがゼロのスクリプトを作成して、バックアップを延期できないようにします。

ボリューム間の優先度の設定

ある重要なボリュームが好ましい頻度でバックアップされない場合は、スケジュールの異なる複数のスクリプトを作成してボリューム間で異なる優先度を設けます。高優先度ボリュームスクリプトは低優先度ボリュームスクリプトよりも長い期間実行されるよう、スケジュールを作成します。高優先度ボリュームに長い時間を割り当てると、その分だけバックアップが完全に終了する可能性が高くなります。

ファイル間の優先度の設定

Proactive Backup が元ボリューム全部を完全にバックアップしきれない場合は、ファイル間で優先度を設ける方法もあります。もちろん、ファイルとボリュームの両方に優先度を設けることもできます。ファイルまたはフォルダ間で優先度を設ける場合は、異なるセレクタを持つ複数のスクリプトを使用します。たとえば、高優先度セレクタにはこれまでの 7 日間に変更された文書を含むようにし、また低優先度セレクタにはすべてのファイルを含むようにします。高優先度スクリプトは低優先度スクリプトよりも長い期間実行されるよう、スケジュールを作成します。

Proactive Backup スクリプトの作成

この項では、Proactive Backup スクリプトを作成する手順を説明します。このプロセスは、通常のバックアップスクリプトの作成とほぼ同じですが、Proactive Backup スクリプトのスケジュール方法は異なります。

Proactive Backup スクリプトを作成するには

  1. ナビゲーションツールバーから、「自動化」をクリックしてから、「Proactive Backup」ボタンをクリックします。

    「Proactive Backup」ウィンドウが表示されます。

    210

  2. 新規スクリプトを作成するために「新規」ボタンをクリックし、名前を入力して「新規」をクリックします。

    入力したスクリプト名がウィンドウに表示されます。

    211

    この「スクリプト」ウィンドウは、通常のバックアップスクリプトの概要ウィンドウとほぼ同じで、元ボリューム、宛先バックアップセット、ファイルの選択基準、オプション、およびスケジュール情報が表示されます。

  3. 内容を変更するには、以下の該当するボタンをクリックします。

「元ボリューム」では、元ボリュームの追加や削除を行います。

「宛先」では、保存先バックアップセットを選択することができます。

「選択」では、セレクタを選択し、バックアップするファイルおよびフォルダを選択する条件を指定します。

「オプション」をクリックすると、検証機能やデータ圧縮のオン、オフを切り替えることのできるオプションウィンドウが表示されます。

「スケジュール」では、常時または指定日時に実行するようにスクリプトを設定できます。

実行ユニットリストボックス(有効な場合)では、この Proactive Backup スクリプト用に特定の実行ユニットを選択する(または任意の実行ユニットを使用する)ことができます。

Proactive Backup 元の設定

Proactive Backup スクリプト定義の最初の手順は、元ボリュームの設定です。

  1. 「元ボリューム」ボタンをクリックします。

    「ソース選択」ウィンドウが表示されます。

    212

  2. 元ボリューム(1 つまたは複数)を選択した後、「OK」をクリックします。
  3. Proactive Backup スクリプトは、ラップトップクライアントボリューム、またはネットワーク上に不定期に出現する他のボリュームに特に適しています。

    213

  4. 追加の元ボリュームを選択するには「追加」をクリックします。元ボリュームをリストから削除するには、その元ボリュームを選択して「削除」をクリックします。元ボリュームのリストが完成したら、「OK」をクリックします。
  5. スクリプトに複数の元ボリュームが含まれる場合、必要性と利用可能性に従ってバックアップされます。

Proactive Backup 先の設定

バックアップ元を指定した後、データの宛先バックアップセットを指定する必要があります。

  1. 「宛先」ボタンをクリックします。

    定義済みのバックアップセットがない場合には、「バックアップセット作成」ウィザードが起動します。

    新規バックアップセットの作成の説明に従って新規バックアップセットを作成します。新規バックアップセットが「バックアップセットの選択」ウィンドウに表示されます。

    定義済みのバックアップセットがある場合には、「バックアップセットの選択」ウィンドウが表示されます。

    214

    「更に」または「新規作成」をクリックして、他のバックアップセットにアクセスしたり、新規バックアップセットを作成したりすることができます。

  2. 1 つまたは複数のバックアップセットを選択して、「OK」をクリックします。
  3. 追加の宛先を選択するには「追加」をクリックします。バックアップセットをリストから削除するには、そのバックアップセットを選択して「削除」をクリックします。宛先のリストが完成したら、「OK」をクリックします。

Proactive Backup の対象ファイルの選択

デフォルトでは、元ボリュームのすべてのファイルが選択されます。事前定義済みの別のセレクタを選択したり、カスタムセレクタを作成して、全ファイルのサブセットを選択することができます。

  1. 「選択」ボタンをクリックします。

    215

  2. セレクタをクリックしたら、「OK」をクリックします。

    「追加選択」をクリックして、Retrospect のファイル選択基準を使用して、カスタムセレクタを作成することもできます。セレクタについては、セレクタの使い方を参照してください。

  3. セレクタは、どのファイルがバックアップの対象となるかを決めるのに使用されるもので、実際にコピーされるファイルを決めるものではありません。たとえば、「すべてのファイル」を選択した場合、元ボリュームのファイルと宛先バックアップセットの既存ファイルとが比較された後、新規のファイルまたは変更されたファイルだけがコピーされます。
  4. Proactive Backup オプションの設定

    「オプション」ボタンをクリックすると、元ボリュームをバックアップする頻度や、早期バックアップを許可するかどうかを指定できるオプションウィンドウが表示されます。「追加選択」をクリックして使用可能なオプションカテゴリをすべて確認します。カテゴリの多くは、通常のバックアップスクリプトのカテゴリに対応しています。Proactive Backup スクリプト固有のカテゴリは、「間隔」、「カウントダウン」、および「ポーリング」です。オプションについては、実行オプションを参照してください。

    実行ユニットの設定

    お持ちの Retrospect が複数同時実行に対応した製品である場合には、この操作に使用する実行ユニットを指定(または「任意の実行ユニット」を選択)できます。概要ウィンドウのリストボックスで選択を行います。詳しくは、実行ユニットの割り当てを参照してください。

Proactive Backup スクリプトのスケジュール

Proactive Backup スクリプトと通常のバックアップスクリプトの大きな相違点の 1 つはスケジュールです。スクリプトの概要ウィンドウで、「スケジュール」ボタンをクリックします。

216

スケジュールを選択します。

  • 「常にアクティブ」は、週に 7 日、1 日 24 時間スクリプトを実行します。
  • 「カスタムスケジュール」は、スクリプトのスケジュールをカスタマイズできる別のウィンドウを表示します詳しくは、スケジュールのカスタマイズを参照してください。
  • 「アクティブにしない」は、スクリプトの実行を禁止します。

「スキップ」チェックボックスは、Proactive Backup が指定の時間まで実行しないようにします。

スケジュールのカスタマイズ

デフォルトでは、Proactive Backup スクリプトは週に 7 日、1 日 24 時間、アクティブです。スクリプトをアクティブにする日時を別に指定したい場合、カスタムスケジュールを作成できます。

「カスタムスケジュール」を選択し、「カスタム」をクリックすると、カスタムスケジュールウィンドウが表示されます。これは「スケジュール環境設定」ウィンドウに似ていますが、Proactive Backup スクリプト固有のものであり、すべての Retrospect 実行に関わるものではありません。

217

スケジュールが「常にアクティブ」に設定されていると、前述したように、週に 7 日、1 日 24 時間がすべて選択されます。

週の中の曜日を選択するには、それをクリックします。週の中の連続した曜日を選択するには、クリックしてからドラッグします。前の選択を取り消さずに曜日を選択するには、Shift キーまたは Control キーを使って、クリックまたはドラッグ操作を行います。

時間帯を変更するには、クリックしてから数値を入力するか、コントロールを使います。

「開始」は、スクリプトが開始される時刻です。

「終了」は、終了時刻までの期間(時間と分)です。この期間に現在のバックアップが完了しても、次のバックアップは開始されません。

「停止」は、このスクリプトのバックアップを完全に停止しなければならない(次の開始時間までの)時刻です。

それぞれの時間は、時間を示すスケジュールバー上のアイコンをドラッグして設定することもできます。ただし、最初は実際に数値を入力して、これらのコントロールの動作を確認してみてください。

時間を変更すると、スクリプトの開始、終了、および中止時刻を図で表した時間スケジュールバーも変更されます。

218

それぞれの曜日の下にも、スケジュールバーが小さく表示されますが、これにはコントロール機能はありません。

219

カスタマイズされたスケジュールは、「常時」および「できない」ボタンで元に戻すことができます。

Proactive Backup の制御

Proactive Backup および Proactive Backup セットを制御する方法は多数あり、Retrospect アプリケーションと Retrospect クライアントの両方から制御できます。

Proactive Backup は、Retrospect の「実行メニュー」とアクティビティモニタの「Proactive」タブから制御できます。Proactive Backup スクリプトは、Retrospect クライアントコントロールパネルアクティビティモニタの「Proactive」タブから制御できます。

Proactive Backup は、Retrospect ツールバーの「起動続行」リストボックスでの選択や Retrospect の無人起動環境設定の影響を受けることはありません。たとえば、Proactive Backup スクリプトは、処理が完了しても、終了しません。

実行メニュー

「実行」メニューから、Proactive Backup を起動/停止、有効化/無効化することができます。Proactive Backup スクリプトを保存すると、バックアップコンピュータが 10 分間アイドル状態になった後、Proactive Backup が有効になります(スクリプトスケジュールが「アクティブにしない」になっていない場合)。スクリプトの予定開始時間になると Proactive Backup が起動されます。開始時間に Retrospect が開いていない場合は、自動的に起動します。

次のように、「実行」メニューからコマンドを選択して、Proactive Backup を手動で制御できます。

  • Proactive Backup を手動で有効にするには、「Proactive Backup を開始」を選択します。予定した実行時間に、Proactive Backup スクリプトが実行されます。Proactive Backup が起動されているとき、「実行」メニューから「Proactive Backup を停止」を選択して Proactive Backup を停止することができます。
  • アクティビティモニタの「Proactive」タブの「起動」/「停止」ボタンを使用して、Proactive Backup を起動/停止することもできます。

Proactive Backup が停止されると、Proactive Backup スクリプトは 10 分間、または Proactive Backup を再び起動するまで実行されません。

  • Retrospect を終了し、その後で再起動する(または自動起動される)と、無効にされていない限り、Proactive Backup は自動的に(短い遅延の後)起動します。
  • 予定された Proactive Backup スクリプトを実行しないようにするには、「実行」メニューから「Proactive Backup を無効」を選択します。

Proactive Backup が無効になっている場合、「Proactive Backup を開始」または「Proactive Backup を有効」を選択するまで Proactive Backup スクリプトは実行されません。

アクティビティモニタ

アクティビティモニタの「Proactive」タブには、Proactive Backup と Proactive Backup スクリプトに関する情報があります。

220

「Proactive」タブでは、Proactive Backup スクリプトの一時停止、Proactive Backup の起動/停止、スケジュールの無効化、およびステータスの表示を実行できます。詳しくは、「Proactive」タブを参照してください。

クライアントコントロールパネル

クライアントコントロールパネルを使用して、できるだけ早く、または指定時刻に Proactive Backup を要求することができます。起動しようとしているバックアップをもっと後の時間まで遅らせることもできます。

詳しくは、Proactive Backup の制御を参照してください。